シンガポールマラソンの振り返り


シンガポールマラソンの振り返り
4時間45分48秒


2009年12月9日 (水) 曇り

今日の走行距離: 8km
今月の累計距離: 54km
---

シンガポールを昨夜の23:45に出発して、今朝7時頃成田着、自宅に着いたのは午前11時ちょっと前でした。飛行機ではオンザロック2杯飲んですぐ寝たので疲れはさほどありません。シドニーから帰るのもシンガポールから帰るのもだいたい夜中の便を使いますが、眠ってこれるので便利です。

風呂、洗濯、昼食などを済ませ、夕方にシンガポールマラソン大会後初のランニング。まだ、両足のふくらはぎが緊張しているのでゆっくりと「調子」を感じながら走りました。8キロを1時間ほどかけて走ったので、キロ8分ほどのゆっくりペースです。走っている最中、走ったあとも問題ないので、このまま練習を積み重ね、筋肉の緊張は自然治癒でいこうと思っています。サムからもらったメンソーレのような筋肉痛対策の塗り薬、日本からもっていったバンテリンなどを塗った効果もいくらかあるようです。

しかし、なぜ、23キロ付近で右のふくらはぎ、29キロで両足のふくらはぎがあれほどまでに痙攣したのかわかりりません。ふくらはぎの筋肉が波打って変形し、もしかしたら切れるのではないかと思うくらい動いていました。たぶん1~2分くらいだと思いますがそのあと5~6分道路脇で横になっておさまるのを待っていました。

原因はわかりませんが、友人が言うのには脱水症状だというので熱中症の状態になったのではないかと思います。朝のうちはたぶん28度前後の気温で湿度は70%前後だったと思います。友人から「2.5キロごとに水分補給ポイントがあるので水を飲むようにしたらいい」とアドバイスがあったのですが、結果は、今までのマラソンと同じような水分補給の仕方でした。

1)水分補給は10キロと20キロで行いました。23キロ以降は数キロごとに補給です。20キロに来るまで1回しか水を飲まなかったのが問題だったような気がします。20キロあたりでは両腕もだるくなっていたので、血の巡りが悪くなっていたのかもしれません。

2)マラソン当日の食事は、1個100kcalほどの小さなおにぎり2つと180kcalのエネルギーバーだけでした。前日にバナナなどを買っておきたかったのですがホテルの近くにフルーツショップがなくて、寂しい朝食になってしまいました。これも問題あるかと思います。ゴール後のカロリー消費量は2700kcal程でした。私の一日のカロリー消費量は約2000kcalなので、マラソンの最終盤で全部使い果たしている計算になります。これでは元気がでません。

今回のふくらはぎの痙攣の激しさははじめての経験でした。「前半走り、後半歩く」というヘンなマラソン大会になってしまいましたが、良い経験だと思います。これからも走り続けていく上で自分がもっと気をつけなくてはならない課題がわかりました。


シンガポールマラソン事務局ではすでに全員の記録をHPにアップしています。自分のをみてみました。
フルマラソンは1万7千人くらいの申込だったようですが・・・。
(HPによると、フルマラソンの完走者は男性が12,608人、女性が2,304人です)

ランキング      1704番
ベテランランキング 644番 (これはどういう意味かわかりません)
Gun Start Time 5:29:53 (これは大会事務局がスタートの合図をした時間)
Chip Start Time 5:29:56(これは靴につけた時間の計測器がスタートラインを踏んだ時間)
CP  10km   49:08
CP  21km   1:44:58
CP  30km   2:52:48
Chip Finish Time 4:45:05 (スタートラインからゴールラインまでの純粋時間)
Finish Time 4:45:08 (スタートの合図がなってからゴールまでの時間)

私は前から4列目くらいに並んだので、Chip Finish TimeとFinish Timeの差があまりありません。後ろの方に並ぶとこの差が大きくなります。


フルマラソンは42.195キロであり、ハーフマラソンの2倍です。
今回の私は
前半のハーフは1時間44分58秒
後半のハーフは3時間00分07秒でした。

本来ならば前半ハーフの1時間44分58秒x2=約3時間半でゴールしたいところでした。
ところがハーフを過ぎた23キロから29キロにかけて連続的に痙攣がでて、29キロでは完全に立てなくなった。その痙攣がおさまってからはゴールまで約13キロ歩き続けたということになります。

前半のハーフはキロ5分ペースであり11月の杭州マラソンとほぼ同じスピードです。後半のハーフはキロ約9分かかっています。

時間の計算をしてもしょうがないのですが、今後の自分のレース運びの参考数値にはなります。

次は1月31日の勝田マラソン、その次は2月28日の東京マラソン。
本命は東京マラソンなので、今回の足の痙攣問題で、勝田マラソンはパスしようかなと方針変更を考えはじめました。
[PR]
by xiyuannei | 2009-12-09 17:40 | ランニングは楽しい
<< ゴガクル シンガポール最終日 >>