大連国際マラソンの受付完了のコンファーム


大連マラソン組織委員会事務局に私のエントリー確認をしていました。しかし、なかなか、作業完了の連絡が来ず、今朝、また催促したところ、やっと、確認のメールがきました。これで必ず大連国際マラソンを走ることができるので一安心です。申込書をEMSで送っていたので郵便局から追跡経路の結果を打ち出していただき、それをスキャナーでとって添付して催促しました。そうしたら一発で回答がありました。追い込まないと返事が来ないというのも面倒なものです。

ホテルは大連の友人に予約していただきました。しかし、これもやはり事前に確認しておいたほうがいいので、大連のホテルにメールで連絡をとっているのですがこちらは返事なし。たぶん大丈夫だと思うのですが。

世の中を安心して効果的に回るにはコンファームが大切。この癖はアメリカ出張が多いときに身につきました。以前は電話かファックスでしたが、いまはメールでいろいろなことができるので便利です。

昨日娘から電話があり、「お父さん、前にアメリカに直接何かを注文していたことがあったけどどうやったの」とのことです。アメリカから何かを買うようです。私の場合はガーミンの腕時計でした。これはランニング練習やマラソンの時につけるのですが、走っている速度、カロリー計算、地図などがデータででるので便利な代物です。これを買ったときにも先方にいつ出荷か、など何回か問い合わせて状況確認しながら取り寄せました。

最近、食材でトレサビリティといって、その食材がどこで生産されてどういう流通経路で入ってきているのか、これをわかる仕組みがトレンドですが、「プロセスをとらえる」ことは原因究明と対策で非常に重要です。

ネットワークが広がり、「初めての世界」どうしで何か行動を起こす。この時に必要なのはコンファームです。
[PR]
by xiyuannei | 2010-04-13 13:37 | ランニングは楽しい
<< 応援のないマラソン? 163.comを利用 >>