チーム10は全員アシックスランニングラボ東京

2010年5月27日
本日の走行距離: 6km (キロ@5分30秒)
5月の累計距離: 254km
---
今日は京都に取材のためにいかなければなりません。6キロで切り上げました。家を6時20分に出たのですが、妻が朝食弁当をつくってくれたおかげで、こうして新幹線のなかで、食事、Blogアップなどゆっくりとできます。



c0022843_982473.jpgシドニーマラソン2010チーム10のメンバーは全員アシックスランニングラボ東京で身体のデータ計測を受けなければなりません。6月と9月の2回受けて練習による身体の変化をつかむようです。

私はこのようなデータ計測ははじめてです。自分の身体を知るこができるので嬉しい計測です。昨日、銀座のアシックスランニングラボへ行ってきました。

きれいな部屋、素敵な女性、科学技術の粋を思わせるようなマシン。いろいろ説明を聞きながら1時間10分ほど計測作業を受けました。最後は、トレッドミルの上で全速力で走るので疲れましたが、終わった時にはほっとしました。

月・火と社交ダンスのバス旅行に参加したので、両足とも若干筋肉痛でしたが、そんことをいってられない、正確なデータ測定のために一生懸命身体を動かした昨日でした。

主な計測:
足型測定・・・3D機械で足長、足囲などの細かなデータを計測。ブラックボックスのような場所に片脚ずついれて測定。私の足は23.3cmで小さくてびっくりしました。自分としては24.5cmくらいと思っていたのですが、わからないものですね。

下肢アライメント測定・・・O脚やX脚、関節の可動域の測定。私はO脚なので、両足を揃えて立つだけで、すなわち目検討でOKなのですが、一応、何か器具をつかって測ったのかも知れません。

体組成測定・・・筋肉と脂肪量の測定。BMIはいつもと同じ19.0くらいでしょうか。

脚筋力測定・・・筋トレマシンのような機械に座り、身体を固定して膝を伸ばす力と曲げる力の測定。右足と左足を行ないます。これは膝を思いっきり伸ばすことと思いっきり下に下ろすすことを3回やり、それが1セット。まず1回練習。その後本番を2セットやります。2回目の方がなれた分だけ数値がよかった。しかし、右と左ではかなり脚筋力に差があることをわかりました。

c0022843_3512712.jpgランニングフォーム測定・・・着地の様子や脚の運びなどのチェック。全身持久力測定・・・酸素マスクを着けて呼吸をはかり、それにより最適なマラソンペース速度を測定。この二つはジムにあるトレッドミルのような台車にのりその上で走ります。最初はキロ8分くらいから始まり、30秒か1分ごとにスピードを上げていきます。15~16分走ったでしょうか。最後はキロ4分くらいの速さで1分間走り中止しました。最後の方はマラソン大会でゴール直前のあの苦しさのような状態になり、この機械がとまったらホッとしました。

6月6日にこのデータをいただき、あわせて練習メニューも提案してくれるようです。

私はフルマラソンを3時間半前後ならだいたい走れるのですが、希望である3時間20分となると怖くて走れないのです。それは自分のペースがキロ5分で行くなら完走の自信があるのですが、3時間20分となるとキロ4分n秒で走らなければなりません。30キロ過ぎ、35キロ過ぎでつぶれてしまわないかと怖くなります。もし、今回の測定の結果で3時間20分を出せる可能性があるとでたら、最初からそれを意識したペース配分にしたい。その意味でもこの測定結果には強い関心を持っています。
[PR]
by xiyuannei | 2010-05-27 09:10 | ランニングは楽しい
<< シドニーマラソン2010チーム... バス旅行で6時間のダンス >>