アシックスランニングラボ東京

5月26日に銀座のアシックスランニングラボ東京でランニング能力測定を受けたその結果が先日届きました。足型・下肢アライメント測定、体組成測定、筋力測定、ランニングフォーム測定のデータとその評価が記入されています。

最後に全身持久力測定の項目があり、そこは総合評価だと思いますがこう書いてあります。

「快適~ややきついと感じ出すランニング速度(ATペース)で1キロ5分ペース程度。これをもとに後半のロスを入れてフルマラソンのタイム予測すると、3時間38分程度と考えられます。」
「きついと感じ出すランニング速度(ROTペース)は、1キロ4分17秒ペース程度で、両者をもとにハーフマラソンのタイムを予測すると、1時間38分程度と考えられます」

フルマラソンの時間はだいたいあっていますがちょっとがっかりもしました。それは、自分のランニング能力の科学的限界は3時間38分か・・・ということです。私としては3時間20分くらいの可能性があり、そのためにはこういうランニング練習をするといい、という指標が欲しかったのです。

それで、このことをアシックスの方にメールしますと、
「これまでのトレーニングがゆっくりのJOG中心で、 ATを超えるペース走などに取り組んでいなければ 今後大きく伸びる可能性は十分ありますよ」
「フルマラソンに向けての十分なトレーニング期間は本来は半年は必要です。 ですから、まずはこの3ヶ月で基礎を作り、来年の春もしくは秋を 目指してしっかりトレーニングを積んでいただければ大幅なステップアップ が期待できますよ!」
というご返事をいただきました。

6日の日曜日にチーム10全員が銀座のアシックスに集まります。測定データの結果説明および練習メニューの説明がありますので、しっかりアドヴァイスを受けて、これからの3か月、練習メニューに基づいた練習と9月19日は悔いのない走りをして、きちんと総括できるようにしたいと思います。


◆参考までにこの3年くらいの記録です。

2010年04月18日(61) 大連国際マラソン 3時間28分24秒
2010年02月28日(60) 東京マラソン   3時間35分42秒
2009年12月06日 (60)  シンガポールマラソン4時間45分08秒
                (23km頃まで5分ペース。その後両足痙攣でゴールまで徒歩)
2009年11月08日 (60) 杭州国際マラソン 3時間31分28秒
2009年04月05日 (60) 鄭開国際マラソン 3時間35分04秒
2009年02月08日(59) 香港マラソン    3時間35分43秒 
2008年11月30日(59) 上海国際マラソン 3時間30分56秒
2008年10月19日(59) 北京国際マラソン 3時間32分57秒
2007年11月25日 (58) 上海国際マラソン 3時間33分57秒  
2007年10月21日 (58) 2007北京国際マラソン 3時間25分44秒 

c0022843_2146554.jpg

[PR]
by xiyuannei | 2010-06-04 21:40 | ランニングは楽しい
<< 小金井公園までランニング Technique of BA... >>