第31回日本インターナショナルダンス選手権大会

昨夜みたプロのダンスは素敵でした。
6月12日、13日と九段下の日本武道館で第31回日本インターナショナルダンス選手権大会があり、チケットをもらったので行ってきました。

午後3時過ぎに武道館に入り、午後9時ちょっと前にオナーダンスが終わるまで約6時間ほど見ていました。2階席だったので顔の表情などは見えませんでしたが、動きははっきりわかります。皆さんの踊る踊りは競技会ようにかなりアレンジされており、見ていて、いつものステップと違うものばかりです。表現の世界ですから、競技選手はより美しくよりダンスらしく工夫しているのだうと思います。

17:30ころまでは、いろいろなグループの競技です。最初は全組踊りますが、審判員に採点されますので、準決勝とか決勝に残るのは大変そうです。踊る数も多いので決勝に選ばれるような選手は最後は体力、気力勝負ではないかと思うほど、つぎつぎと種目をこなしていかねばなりません。

c0022843_9223460.jpg



私の見た目でもわかったのは、プロとアマでは踊りが違うことです。それほどプロの踊りは優雅に整然と会場を十分につかって踊りまわっていました。

この武道館の競技会は外国人も参加する文字通りインターナショナルな競技会です。モダンで一位になったカップルの踊りは群を抜いていました。実物を見ることもダンス習得に向けては必要なことだと実感。充実した時間でした。
[PR]
by xiyuannei | 2010-06-14 17:37 | 社交ダンスはスポーツ
<< 中国事情を知る機会 快適ミドル走 >>