サロマ湖100キロウルトラマラソン(1)

サロマの100キロウルトラマラソンまで1カ月を切りました。

最近、走る量が減っていますし、いままで42キロを超えて走ったのは中国で60キロ走ったのが最高です。今回のサロマは絶対に完走したい、それをできればイーブンで行きたいというのが目標です。キロ6分30秒で走ると100キロのタイム(10キロで65分、100キロだと600分+50分=650分)は10時間50分、約11時間です。これが目標です。きっと最初のうちはついついスピードが出てしまうでしょう。それをジーッとこらえて、キロ6分半で走る。これができるかどうかです。

来週、キロ6分半で60キロ前後走ってみたい。6時間半くらい走りっぱなしの練習です。しかし、これを書いているうちに6月12日にルンバを踊る大会を思い出しました。この時に足が痛くて思う存分踊れないようではまずい。6月に2つ重なったのはちょっとまずかったかな、と後悔します。しかし、もう後には引けません。2つともやるのみです。

1カ月前になってやっと受付とか当日の移動とか考え始めました。そうするとこれがかなりきついのです。

50キロの部は6月26日の朝、当日でも受け付けは可能ですが、100キロは前日の25日ないし24日に受付をしなければなりません。その受付場所はスタート地点である湧別総合体育館です。本当は現地の湧別に前泊すると受付とスタート地点への移動が楽にできます。しかし、昨日、湧別の役場に電話で問い合わせたところ、湧別の宿泊施設は満杯。バスで20分くらいのところにある遠軽も満杯です。したがって、受付を単独に先に行い、26日当日は朝5時のスタートに間に合うように湧別まで行く、ということを考えなければなりません。

難問です。

これは偶然ですが、私の実家が湧別から60~70キロくらいのところにあります。ですから、いま、考えられることは24日に日帰りで汽車バスを使って湧別まで行き、受付を済ます。26日の朝は親戚に車で送ってもらう。朝3時ころ出て4時ころ湧別のスタート会場に着くという方法です。まだ手配はしていませんが、いま、考えられることではこれが最善です。ゴール後は、ゴール会場から北見までバスで来てその後実家まで帰るということでやれそうです。

100キロも走るとなるとアクセスの悪い場所がほとんどかも知れません。それも考えずに参加申し込み先行で来ましたが、自分の家からへ現地へのアクセス、そして100キロ完走の技など、かなり研究と準備と練習をしなければなりません。これからは6月の本番までシミュレーション研究の連続になります。
[PR]
by xiyuannei | 2011-05-26 23:16 | ランニングは楽しい
<< キロ6分半のゆっくりラン 都民体育大会とサロマ100キロ... >>