サロマ100キロマラソン~完走

2011年6月26日(日)開催されたサロマ湖100キロウルトラマラソンは無事完走することができました。制限時間が13時間なので、朝5時にスタートして夕方18時にはゴールに到着しなければなりません。

私がゴールに着いたのは15分前の17時45分。ほっとしたギリギリの完走でした。完走後、首に完走メダルとタオルをかけていただきましたが「やっと着いた」「やっと終わった」という思いが脳裏をかすめた苦しいウルトラマラソンでした。

一夜あけて、脚は筋肉痛、筋も痛い。腕も朝から夕方まで振りっぱなしなので、肘の内側が痛い。16年前初めてフルマラソンを走った時のような、完走後の身体のきつさです。自分には42キロを超える未知の100キロへの挑戦でしたが、100キロ走るというのは並大抵なことではない、と実感したウルトラマラソンでした。

完走メダルの「重さ」「貴重さ」を今回は今までで一番感じました。これで、完走メダルをもらえなかったら、悔しくて悔しくて東京に帰るにも意気消沈してしまうだろうと、改めて完走したことの「安堵感」が湧いてきました。

100キロマラソンと42キロのフルマラソンは別ものでした。そして、生まれてはじめての100キロウルトラマラソンを完走した、という実績を今後のランニング生活に残すことができました。

c0022843_2332646.jpg
ゴールは直前、夢中でシャッターを押しました。
[PR]
by xiyuannei | 2011-06-27 17:19 | ランニングは楽しい
<< 大阪マラソンも神戸マラソンもはずれ 湧別でサロマ100キロの受付終了 >>