多摩湖1周して28キロ

10月9日:跑量 28公里 (匀速6分38秒、多摩湖 ) 
10月8日:跑量 10公里 (匀速5分38秒 、黒目川) 
10月累计跑量 63公里
---
c0022843_1143234.jpg今朝は4時に起き、4時45分に家を出ました。行先は多摩湖。
外はまだ真っ暗です。街灯の明かりだけが頼りです。
家から多摩湖までは約9キロ、多摩湖1周は10キロです。
多摩湖を1周する道路は落ち葉でいっぱいでした。

昨日も今朝もインナーマッスルの一つである大腰筋を意識しながら走りました。
この感想は二つ。
1.走っている時に腰高をキープできる。これは歩幅を大きくする効果があります。
2.走っている時に背筋がピーンと張る。これは身体のぶれを少なくし、エネルギー節約の効果があります。

c0022843_11214096.jpg私は1984年以来2万5千キロメートル以上走っています。フルマラソンも30回以上参加しています。ですから太もも、ふくらはぎなど、見えるところの筋肉はかなり強化されています。これから、更に体力向上、持久力向上をめざすには身体の内側の筋肉=インナーマッスルを鍛える必要があるように思われます。

それで、ランニングにも社交ダンスにも必要な体幹を身につけるために、大腰筋を強化することにしました。大腰筋はアバラのところから股関節まである筋肉でかなり大きいです。しかし、目に見えません。それで、この大腰筋を意識・イメージしながら走るのです。

外側からみると腹筋の部分ですが、ここにある外からは見えない筋肉=大腰筋を意識して走るのです。これをやると脚はあとからついてくるような状態になります。見えない大腰筋を脳で意識して走る、ですから、脳で走っている関係になってきます。

おもしろいものです。こういう気の持ちようで走る内容が変わってきます。12月の上海マラソンにむけて、この大腰筋を意識したランニングを継続して、成果につなげたいものです。
[PR]
by xiyuannei | 2011-10-09 11:05 | ランニングは楽しい
<< 2011年Himuka秋の舞踏会 ダンス研究会 タンゴでアラベス... >>