ダンスとランニング、ダンス競技とマラソン大会の両立

今回の上海国際マラソンの目標は3時間半を切ることでした。それをオフィシャルタイムで実現できればいいのですが、スタートで後ろに並ぶとスタート地点までの時間も加算されるのでその分時間がかかります。

今回でいえば、オフィシャルタイムは3時間32分02秒、チップタイムは3時間29分48秒ですので、スタート地点まで2分14秒かかりました。

上海の友人は3時間を切った実績があるので、国家2級の運動員なのですが、彼はこの上海国際マラソンに50元払って前の方でスタートする権利を有しました。彼の記録は3時間18分だったらしいですが、スタートから混雑なしで自分のペースで走ることができるので他のランナーよりは有利です。

私の今回の10キロごとの記録をガーミン(GPS付の時計)でみると下記の内容でした。

10キロごとの所要時間     1キロごとのスピード
スタート地点迄02:14       34:3/Km

00-10公里  54:27       5:23/Km
10-20公里  46:54       4:38/Km
20-30公里  47:47       4:45/Km
30-40公里  49:20       4:57/Km
40-终点   11:17       5:02/Km


今回は、最初の10キロにすごく時間がかかりました。二つの理由です。一つは混んでいて抜かすことができなかったこと、二つは川の上を通っている高速道路を走って浦東の方に行くのですがすごく景色がいいので景色をみながらゆっくり走ったことです。
c0022843_11161951.jpg
マラソン仲間の古峰が撮った写真(南浦大橋)

10キロ時点でガーミンを見ると遅い。いつもなら50分で通過するスピードなのですが、今回は4分以上遅い。それで10キロ以降は少し飛ばして時間を取り戻しました。ゴールはチップタイムでギリギリ3時間30分を切り、今回のペース配分は失敗の割には最後まで頑張ることができました。

私の走力は安定している方なので42キロ走る時間はほとんど読めます。それだけに1分、2分の違いが大きく感じられます。

夏の上海から帰国後、9月からは走る量がすごく減ってしまいました。毎日のようにダンスの練習とパーティ参加で、太もも、ふくらはぎが疲れます。あまり走りたくないという感じでした。ですから、11月も80キロほどしか走っていません。しかし、ダンスで足腰は鍛えられているという期待はありました。これが、今回のマラソンでどう出るか心配だったのですが、プラスの方に出ました。

最近は、ダンスをやりたいからランニングもする、に変わってきていますが、やはり、走ってみて記録がでると嬉しいものです。ダンスとランニング、ダンス競技とマラソン大会、これを両立させながら、これからも頑張ってみようかな、と思った今回の上海でした。

更に中国語です。

友人の家で何回も食事をしました。彼とその奥さん、そして私の3人で食事をするのですが、普通話で話す限り、会話はほぼ中国語で進めることができるようになりました。もちろん、彼らは、ネイティブ同士で話すよりは少し遅めの話し方です。欲がふえて、もっとスムーズに、単語数、言い方も増やして、さらに自分の中国語を上達させたい、という動機が強まったのも今回の上海の成果でした。

c0022843_21105875.jpg
(上海の仲間たちです。欠席の方々は電話などくれました。)
[PR]
by xiyuannei | 2011-12-11 11:14 | ランニングは楽しい
<< 福島県九条の会・編『福島は訴える』 上海国際マラソンは完走 >>