忌野清志郎のメッセージ

昨日は自治会の総会がありました。

私は役員で文化部長をしているので、部員と一緒に企画を考えてコンサート、映画会、講演会、自然観察などを実施しています。

今年1月に行った企画の報告をしました。それは「忌野清志郎のロック人生と反原発」です

これは清志郎の映像をプロジェクターを使って上映し、観たあとに参加者が想いを語り合うという内容です。映像1時間半、討論1時間ほどの企画内容でした。

忌野清志郎のファンが清志郎の映像を編集し、ロック人生をストーリーにしています。すごくわかりやすくインパクトのある映像編集でした。

若い方から年配の方まで、および女性の参加が多いのが特徴でした。参加者は清志郎に関心ある方、反原発に関心ある方々です。

意味あり意義あるこの企画をみんなが受け入れてくださいました。この企画の成功の報告を総会でうなづいて聞いてくださる方が多数いたのが嬉しかったです。

この企画の趣旨は次のように書きました。

「ロックはだいたいにおいて時代を先取りし、時代の革新を担ってきました。日本を代表するロックミュージシャン・忌野清志郎(いまわのきよしろう)もその類まれな才能が時代を読み解きロックを通して、私たちに時代に内在する問題を警告するメッセージを放っています。
2011年3月11日の東北大地震と津波、そして福島原発事故は依然として被災者に多大な辛苦を与えています。地震と津波という自然災害は多くの人々の力で復興に向かっています。しかし、人災である福島原発事故はいまだ収束のメドがたっていません。
忌野清志郎は20数年前から「原発を増やすな」を歌にしてそのメッセージを伝えてきました。「原発なくせ」の運動が広がっているこの時期、改めて忌野清志郎のメッセージを受けとめて、時代を知り、考え、話し合いましょう。」

[PR]
by xiyuannei | 2012-05-28 22:08 | 日常生活は発見がいっぱい
<< 2012年6月きらっと「社交ダ... 本格的に韓国語学習開始 >>