<   2010年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

アシックスの草山さんのアドバイス

2010年8月31日
本日跑步:20km
28日跑步:11km
8月跑步: 227km
---
今朝は、アシックスの草山さんが「31日か1日に30キロ走をしましょう」と上海にいたときにいってくれました。それで、7:30に半蔵門の東京FMの地下にあるJOGLISで待ち合わせて、その後皇居を走りに出ました。

「日が強いから25キロにしましょう」といって、二人でキロ5分ペースで走ったのですが、私は17キロあたりからふくらはぎに痙攣がでて、20キロで中止。ペースを守って目標距離を走りきるのは難しいです。

1周 キロ4分52秒
2周 キロ4分59秒
3周 キロ5分00秒
4周 キロ5分48秒

シドニーマラソンはキロ5分のイーブンで走る予定ですが、かなりペースコントロールして走らないと難しいそうです。

終了後、草山さんのコメントですが、「走り方にムラがある」ということでした。一つにはのぼりでペースがあがり、ピークで落ちる。リズムが変わる。したがって上りで頑張りきらないこと。二つには、ペースキロ5分できちっといくことが重要。余裕があっても中盤でペースをあげない。三つには、2週間前に(今週末ですが)、キロ5分で20キロ~30キロを走り、どこまでいけるのか、どのくらい余裕があるのかを測ったほうがいい、ということでした。

お忙しい方なのに、私が上海に行ってこの一ヶ月半、合同練習に参加できなかったので、個別に時間をとって指導してくださいました。

やはり、シドニーは全力を尽くして、納得のいく結果をださないと草山さんにもスタッフの皆さんにも申し訳ないな、と帰り道に考えました。
[PR]
by xiyuannei | 2010-08-31 18:13 | ランニングは楽しい

上海パオバの送別会

次の日曜日に帰国するので、上海のランニング仲間が送別会を開いてくれました。ミンハン(闵行)に住んでいる人たちです。退職した人、現役で働いている人などさまざまですが、ミンハン(闵行)体育公園で毎日のように走ってはおしゃべりしている人たちです。

c0022843_7394710.jpg


昨日はすごい豪華な料理を注文していました。費用は彼らが割り勘で一人110元出していました。退職者が3人いました。彼らの年金は月1650元らしいですから大きな出費です。ぜいたくをしなければ生きていける程度の年金です。申し訳ない気持ちになりました。(会場は1号線の蓮花路駅からタクシーで10分ほど行ったレストラン)

上海パオバは現在600人ほどとのことでした。今回の送別会にパオバの副理事長で、上海パオバの責任者であるヨウロンも参加してくれました。かれはプドンの世紀公園の近くに住んでいるのでわざわざ遠くまで足を運んでくれました。

ヨウロンにパオバの歴史を聞いてみました。いまパオバは全国で1万6千人くらいのメンバーになっています。2004年にスタートし、最初は100人くらい、2006年で600人ほど、2007年から急速に増えたようです。それは中国の4大マラソン(北京、上海、大連、アモイ)にパオバとして積極的に参加を取り組み、終了後は現地で交流をしたり、オリジナルグッズを運動用品メーカーと提携して作ったりしてきました。そして交流のインフラはインターネットです。これによりメンバーが日常的に交流しています。

組織としては理事長一人、副理事長三人、常任理事、理事で構成しているようです。上海パオバからは副理事長にヨウロン、常任理事に2名派遣、理事は何名か聞きませんでしたが、送別会に参加したロンシャンも理事とのことでした。

私が思うにはいま、中国ではスポーツの世界も大きく変化している時代なのかなと思います。それは官から民です。マラソン大会もこうした民間組織が大会成功にむけて役割を発揮する、それを官が受け入れる時代になったということです。私はランニングを通してしか、こういう民間組織を知りませんが、ほかのスポーツでも変化がおきているかもしれません。10月の北京国際マラソンにはパオバの会員が1200人以上申込しました。走っているとパオバのマークのついたウェアを着たランナーがすごく目立つことと思います。このパオバは中国のマラソン界に何か問題提起をする組織になっていくのではないかと注目しています。
[PR]
by xiyuannei | 2010-08-27 07:58 | ランニングは楽しい

退寮してホテルへ移動

2010年8月26日
本日跑步:15km
8月跑步: 196km
---
今朝はスウホウと大学グラウンドでランニング。朝4時半に集合してキロ5分15秒ペースで走りました。スウホウはキロ5分10秒くらいのペースで16キロ快走。今日の18:00から上海ランニング仲間による私の送別会があります。スウホウは仕事で会議が入っているので参加できない、上海マラソンで会いましょうと言っていましたが、きっとそれを言いたくて、今朝一緒に走ろうと昨日連絡があったのかと思います。私は彼の家に一度訪問し、奥さんと娘さんとあっているので、お会いできてよかった、よろしくお伝えください旨話しをしてお別れをしました。



高校時代のクラスメイトとは昨日朱家角に行き、市内に戻ってから南京東路で買物をするのというのでいったん別れて私は大学寮に戻りました。19:15に再びあってその後全シュウ徳で食事。クラスメイトの友人も入って4人での食事でした。彼女たちは今朝9:15にホテルからリムジンバスでプドン空港に向かいましたので、いまごろはバスの中でしょう。行きたいところ、食べたいものなど希望をほぼ実現して満足の上海旅行だったようです。



私も今日で大学寮を退寮です。29日までの3日間は近くのホテルに泊まってその後帰国します。夏期講座がすでに終わっていますが、寮だけ使わせていただきました。一日120元で安いからです。しかし、9月から授業が始まるので26日まで、といわれ、それで宿泊先の変更です。この寮には約40日お世話になりました。一号線のシジャーフイ駅まで行くのに、15分ほどかかりますが、それでも便利でした。キャンパスが広いので門まで行くのに10分かかります。ですから大学から地下鉄駅まででは実質5分です。この地の利は魅力でした。次回も縁があればお世話になろうかと思います。
[PR]
by xiyuannei | 2010-08-26 11:05 | ランニングは楽しい

上海市内観光

昨日は一日市内観光でした。

午前は豫園に行き、昼は豫園の緑波廊で食事。ここは豫園のインフォメーションセンターで紹介してもらったのですが、国賓も利用したレストランということで興味が湧き行ってきました。広いレストランホールは人がいっぱい。豫園観光コースの食事場所に組み込まれているようで団体客がいっぱいでした。3人でいろいろ食べて飲んで190元ほど。

午後は南京東路です。彼女二人は豫園でもそうでしたが、ちょっと気になった店があると寄ります。豫園では半額以下にまけさせる技術を身につけたので、南京東路の店でもそのノウハウを発揮して買物をしていました。マッサージに行きたいというので、私が以前行ったことがある桃源郷の足部マッサージを受けに行きました。1時間88元ですからリーズナブルな価格です。足元がすっきりして体力も回復。

夜は外灘に行き夜景を満喫。明珠塔は19:00過ぎから明かりをつけはじめたので、ほとんどの人がそれをバックに写真を写します。そのあとは新天地へ。ここは街の見学と夕食をしようということでした。鼎泰豊に入り小龍包を中心に蟹なんとか、などいろいろ食べてもう満腹になりました。490元。ちょっとカロリーのとり過ぎくらいの量でしたので、歩くのも辛いくらい。タクシーでホテルに戻ったのは21:00ころでした。

一応、彼女たちの行きたい場所と食べたいものはほとんどクリアしたので、彼女たちも満足の上海自由旅行になっているようです。明日は9:00から午後にかけて上海郊外の朱家角へ。私は4年ほど前に上海体育館のバスセンターからバスに乗っていったことがあります。とても歴史と伝統を感じさせる街でした。今回は2回目なので、前回とは違う発見があるかも知れません。楽しみです。
[PR]
by xiyuannei | 2010-08-25 08:08 | 旅・留学の雑感あれこれ

日本からクラスメートが上海に。

2010年8月24日
本日跑步:10km
8月跑步: 181km
---
今朝はグアントウとスウホウの3人で交通大学のグランドをランニング。スタートは5時8分。
2時間58分の記録を持つグアントウについて走る形でグランドを周回。私は4分40秒イーブンで引っ張っていってほしかったのですが、終了後ガーミンをみるとだいたい4分半前後でした。走りはじめから息をゼイゼイしながら走りました。

400メートルトラックを、最初の2周はキロ6分半くらいでゆっくり、続いて4分30秒前後のスピードで40分間まで走りました。そのあとは6分前後で流して、トータルで10.2km、50分57秒で、キロ5分でした。

6:30,6;:0,4:35,4:48,4:43,4:26,4:30,4:28,4:29,4:22,4:25,4:16,4:18.4:22.4:31,4:44,4:32,4:25,4:25,4:31,(ここで走りはじめて40分経過、以降ジョギングに変更)、5:54,6:00,6:08,5:48

私の力量では4分30秒前後で走るのは息がゼイゼイして最初から心拍数が上がっていることがわかりました。二人に寮でシャワーを浴びていかないかと誘いましたが、これから仕事だということで帰宅。二人とも自転車ですが家は約5キロです。もっと早くから交通大にきてもらってトラックでの練習をやれればよかった、と反省。



昨日は京都と東京に住んでいる高校時代のクラスメイトが上海に遊びに来ました。二人とも関空からANA便に乗り昼ころプドン空港に到着。午後1時過ぎには上海駅近くのホテルに着きました。道中、順調だったようです。

自由旅行なので、月の午後、火、水と市内観光を自由にできます。どこに行きたいかと聞くと田子坊、新天地、豫園、外灘、朱家角でした。

昨日は田子坊に行きました。私ははじめて聞く名前ですが、ガイドブック、若者の間ではよく行くスポットになっているようです。1号線から歩いたので場所探しも含めて20分以上かかりました。あとでわかったのですが9号線だと5分くらいで行きます。田子坊は以前倉庫だったらしいですが、いまは、さまざまなタイプのショップが入っています。5時までは買い物ゾーン。5時以降は飲食ゾーンに大変化する街でした。15:00ころから18:30くらいまでそこにいて、いったん19:00にホテルに戻り、すぐ、19:30からはじまる上海雑技を見にいきました。上海雑技ははじめてみましたがなかなかのものでした。人間が訓練によってあそこまで芸ができるようになるのか、と関心しました。
[PR]
by xiyuannei | 2010-08-24 08:29 | ランニングは楽しい

揚州、20kレース、鑑真

[旅程]8月21日7時半に上海南駅を出発、11時半揚州に到着、12時モーテル168にチェックイン、昼食、午後痩西湖、大明寺観光、夜、揚州パオバと交流会。22日5時揚州中心の文昌閣集合、5時6分出発、7時ころ記念写真。8時半朝食交流、その後个园見学、11時チェックアウト、11時半昼食交流、1時終了、1時半揚州出発、5時半上海到着。

小刻みの日程でしたが、充実した揚州でした。
今回の揚州訪問は収穫が大きいものでした。

1.揚州パオバの仲間とFace to Faceの交流ができたこと
2.揚州を20キロ走り、Half Marathonの下見をほほ体験できたこと
3.痩西湖、大明寺、个园など揚州の名所をみることができたこと
4.シャオハイ、グアントウと一緒に行くことで、「上海から行ったパオバ」の絆が深まったこと

今回は、本来上海の黒子訓練団(ランニング訓練部隊)が揚州に行きハーフマラソンの交流試合をする予定でした。それに私も便乗して参加申込したのです。しかし、参加者が少なくて中止になりました。私は、せっかくの機会であるし、ぜひ行きたいとシャオハイに頼み、先方と連絡をとってもらいアレンジをお願いしました。それが実現したのです。

揚州パオバの歓迎ぶりは予想を超えるものでした。それは「揚州―上海―東京」という3都市交流のランニング版でした。揚州パオバ設立1年という節目にあたり彼らも今回の3都市ランニング交流を契機に、パオバ内部の交流結束を固めようという狙いもあったようでした。

ですから、21日(土)の歓迎交流会、22日(日)の朝食交流会、22日(日)の昼食交流会では揚州の自慢する料理が並び、豪勢な料理で交流会を楽しみました。夕食交流会には30名ほどが参加。白酒、ビール、ぶどう酒とテーブルいっぱいの料理を囲んで飲み会です。話あり歌ありで、私も北国の春を歌いました。写真もバチバチ撮って交流会は最高に盛り上がります。

c0022843_1164891.jpg


揚州パオバの責任者はダーユとユンチュンの二人ですが、彼らの指導力によるところが大きかったようです。普段は近いもの同士5~6人で練習しているようです(揚州は人口460万人、市内は120万人の中都市です)。ですからこの機会にみんなが集まることは彼らにとっても一つの節目になったようでした。

さて、22日(日)は20キロ走です。20人が揚州の中心地「文昌閣」に朝5時ころ集合、記念写真をとっていっせいにスタートです。水補給と写真はボランティアがサポートしてくれます。本番並みの体制です。ここはハーフマラソンの起点です。「揚州鑑真国際ハーフマラソン」コースを今回は練習コースに設定してくれました。このハーフマラソンは大学生が大勢参加し、レース水準が高く質もよい大会なようです。

私はキロ5分10分のスピードで走るグループに混じってランニングです。コースは道路ですが走りやすいものでした。道路に自転車とかリヤカーの通るレーンがあってそこが朝はすいているのでランニングコースになります。道のでこぼこもあまりありません。10キロまではほぼ道なりに走っていきます。あとの10キロは痩西湖の周りを走り最後は揚州市体育場がゴールです。

この20キロ走では、私はトップグループに入って走りゴールには第2位で入りました。20キロのタイムは1時間38分02秒(キロ4分54秒)。前半10キロは50分52秒(キロ5分02秒)、後半10キロは47分40分(キロ4分46秒)。最後には揚州市体育場の400メートルトラックを2周してゴール。みんなに拍手で迎えられました。終了後は私のクールダウンで全員が身体をほぐしました。

c0022843_117199.jpg


写真班のボランティアが写した写真をユンチュンのブログ「青的博客」でみることができます。

シドニーマラソンを1ヶ月前にして、20キロですが5分を切ってゴールできたことは自分の励みになりました。あとは東京に戻って30キロをレースペースで走り最後の調整になります。私はいままで20回以上フルマラソンに参加していますが、いつもジョギングの延長で走っていました。今回ほど練習してフルマラソンに望むことはありません。9月19日の本番が楽しみです。



今回1泊2日の揚州でしたが、3つの観光地に行きました。痩西湖、个园、大明寺です。痩西湖は細長い湖で、湖のほとりの散策は風景がよく素敵なところでした。歩いているとき、国家主席だった江沢民が書いた「詩画痩西湖」の文字も見つけ、そういえば江沢民は揚州の出身だったと納得。个园は竹と石が調和しながら園の美しさを作っています。

大明寺は鑑真のお寺です。歴史で習ったことがある人ですが、日常生活では名前すら忘れていました。教科書で見たことがある鑑真和尚の顔写真が私の目の前にいます。鑑真は奈良時代に日本にわたり仏教を普及、彫刻や薬草の普及でも知られています。鑑真は日本に行くことを試みましたが5回も失敗し、最後に失明もしたようですが、6回目で成功。この時代、日本の僧の中国留学が盛んだったようで、鑑真にぜひ日本に来て仏教戒律の普及をしてほしいと要望していたようです。日本に行くことを決意して、日本では帰化して、仏教、中国文化の普及に寄与しました。日本の今の発展の姿も元をたどれば、このような歴史と伝統の蓄積の上に成り立っているのかもしれません。

c0022843_1174988.jpg


鑑真のお寺である大明寺の境内を歩いているとき、自分はランニング、マラソンを通じていま、揚州の人たちと交流している。時代を引き継ぎ、スポーツで日中交流に寄与している自分に不思議な縁を感じました。
[PR]
by xiyuannei | 2010-08-23 10:59 | ランニングは楽しい

揚州で20キロ、キロ4分54秒

2010年8月22日
本日跑步:20km
8月跑步: 171km
---
今朝は揚州のランニング仲間と20キロ走です。キロ5分グループとキロ5分半グループに分かれてスタート。スタート時間は5時04分。

私はキロ5分グループで快走。
20キロ 1時間38分02秒 キロ4分54秒でした。
 前半10キロ 50分52秒 キロ5分02秒
 後半10キロ 47分40秒 キロ4分46秒

ゴールは揚州の運動場。そこでみんなと握手、記念写真をたくさんとって解散。
いったんホテルに戻り、8時半からみんなで朝食です。

今日は本番を意識して走りましたが、快心の練習結果でした。
[PR]
by xiyuannei | 2010-08-22 08:56 | ランニングは楽しい

揚州の痩西湖、鑑真の大明寺

今朝7時半のバスで上海南駅にある長距離バスセンターから揚州に来ました。着いたのはちょうど11時半ですから4時間です。バス料金は107元。到着後すぐにMOTEL168というチェーンホテルに投宿。ホテル代は168元です。

ホテルに到着すると、揚州のダーユ、チン、グアントの奥さんが待ってくれていました。上海から行ったのは私とシャオハイとグアントウの3人です。6人で昼食をとりながら今日、明日のスケジュールを確認。今晩6時半に夕食会をする約束をして分かれました。

その後私とシャオハイは揚州の名所である痩西湖と鑑真のお寺である大明寺を回りました。杭州に西湖がありますがあそこは楕円形のような湖、ここは細長い湖です。それで痩西湖と名前がついたのかな、と思うくらい、ずいぶん湖に沿って歩きました。

突き当たりで門番に聞くと鑑真のお寺はすぐそこにあるというので、そのまま、まっすぐ大明寺に行きました。教科書などでみた鑑真和尚の顔の実物の像があり、ここに来てよかった、という思いで寺を回りました。聞くところによると日本に唐の時代の文化を普及した功労者であり、長い目でみれば日本発展の功労者です。ありがたくお顔を拝ませていただきました。

敷地に鑑真佛学院があり、そこでは書道も教えているようです。娘婿のおじいちゃんが書道をやっており、以前に「揚州に行ってみたい」といったのを思い出しました。中国の中でも古くから交流のあった揚州です。こうしてランニング交流で訪問した揚州ですが交流のいろいろな型を感じた本日の散策でした。
[PR]
by xiyuannei | 2010-08-21 18:18 | ランニングは楽しい

交通大学から外灘まで9キロ

2010年8月20日
本日跑步:9km
8月跑步: 151km
---
今朝は4時過ぎから70分ほどテキストの勉強。先週金曜日に夏期講座が終了してからまともに勉強していません。それで今朝は第1課から第10課までmp3とテキストを見ながら復習しました。せっかく習った中国語です。少しでも自分のものにしたい。日常で話をしたり、テレビをみたり、広告をみたりしていると、この1カ月で習った単語がでてきます。そうすると、けっこう実用的なテキストだったかな、とうれしくなります。

外灘(ワイタン、英語でバンド)までのランニングは一緒に走る予定の友人が急用でこれなくなったため、一人でいくことにしました。ワイタンまで大学からちょうど9キロ、時間は48分35秒、キロ5分22秒のスピードでした。道を知らないので安全策をとり、延安西路を行きました。突き当りがワイタンです。

c0022843_1029234.jpg


河岸(堤防でしょうか)では走っている人、歩いている人、ベンチで寝ている人、凧揚げをしている人、観光の一団が添乗員から説明を受けている人たち、いろいろな風景がそこにはあります。ワイタンはこうして何十年もいろいろな人を受け入れてきたのだろうな、と思いながら堤防ではゆっくり歩きました。
[PR]
by xiyuannei | 2010-08-20 10:29 | ランニングは楽しい

15キロの後は七宝の観光

2010年8月19 日
本日跑步:15km
8月跑步: 143km
---

今朝は4時54分にランニングスタート。キロ5分55秒のゆっくりランで15キロ走りました。ミンハン体育公園に着いたのは6時20分過ぎでした。

その後、この公園から1.5キロくらいのところにある七宝という古い街まで歩いていきました。この七宝は1000年ほど前、北宋の時代に栄えた街らしいです。修復していまは観光街としていつも人が多いとのこと。私たちはランニングの延長で七宝に行ったので、まだ早朝です。観光客がいないので街はガラガラでした。

c0022843_1730317.jpg


町並みの見学と汁にはいったあんこもちを食べました。もちにあんこ、ごまなどをいれて丸くしそれをお湯で温めている食べ物です。この七宝では有名な食べ物屋らしいです。皆さんは9個とか7個とか食べていましたが、私は4個だけ食べて2個残しました。おいしかったけれど、これだけでは個数は食べれませんでした。

c0022843_17331270.jpg



今週はランニング観光のような週になります。

明日は朝6時に交通大学の正門に集合して外灘まで走ります。朝の上海市内をジョギングで楽しむ予定です。

土曜日と日曜日は1泊2日で揚州にいきます。バスで約3時間、90元です。朝7時半に上海南駅から長距離バスで揚州へ。昼ころに着いて午後は観光、夜は揚州のランニング仲間が歓迎会を開いてくれます。日曜日は朝5時半ころから20キロ走り、その後解散。昼食は私たちが招待し、それが終わったら上海に戻ります。

今回は短い上海滞在ですが、今後長期滞在する機会ができると、このように初めての土地に行ってその土地の観光とランニング仲間との交流をするようになるでしょう。今回の揚州はその第一歩です。
[PR]
by xiyuannei | 2010-08-19 17:35 | ランニングは楽しい