<   2011年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

キロ6分半のゆっくりラン

5月31日の走行距離:14km   (キロ6分30秒)
23日~29日までの走行距離:12Km
5月走行距離:90Km
---

今朝はキロ6分30秒のゆっくりスピードでランニング。このスピードはサロマ100キロウルトラマラソンのペースです。このゆっくりをコントロールしながら11時間近くもくもくと走る。そうするとゴールにたどりつきます。昨年の完走率は約5割ですから、いかに完走がむずかしいレースなのかがわかります。

初参加のこのサロマ100キロウルトラマラソンは完走が目標です。その成功体験を得てできれば今後数年間参加しつづけたいと思っています。

5月の走行距離は90キロと極端に少ない距離になりました。やはり200キロキロくらいは走らないといけないので6月は少し頑張ろう。すでに6月26日だけで佐呂間で100キロ走る予定ですから、6月はかなり距離が伸びるでしょう。



ダンス練習・パーティ参加など
30日 100分 サークル
29日 60分  パーティ
28日 240分 パーティ 
27日 60分  練習
26日 60分  練習
25日 60分  練習
24日 100分 レッスン、サークル
23日 90分 練習
5月累計 2610分

社交ダンスの練習量はかなり増えており、今月は今日までで2610分ですから約43時間にもなります。こういう換算はあまり意味がないですが、1時間で10キロ走るランニング練習に換算すると430キロ走ったことになります。ランニングの430キロの練習量は相当なものです。だんだんと社交ダンスの練習量もランニングなみになってきています。
[PR]
by xiyuannei | 2011-05-31 08:45 | ランニングは楽しい

サロマ湖100キロウルトラマラソン(1)

サロマの100キロウルトラマラソンまで1カ月を切りました。

最近、走る量が減っていますし、いままで42キロを超えて走ったのは中国で60キロ走ったのが最高です。今回のサロマは絶対に完走したい、それをできればイーブンで行きたいというのが目標です。キロ6分30秒で走ると100キロのタイム(10キロで65分、100キロだと600分+50分=650分)は10時間50分、約11時間です。これが目標です。きっと最初のうちはついついスピードが出てしまうでしょう。それをジーッとこらえて、キロ6分半で走る。これができるかどうかです。

来週、キロ6分半で60キロ前後走ってみたい。6時間半くらい走りっぱなしの練習です。しかし、これを書いているうちに6月12日にルンバを踊る大会を思い出しました。この時に足が痛くて思う存分踊れないようではまずい。6月に2つ重なったのはちょっとまずかったかな、と後悔します。しかし、もう後には引けません。2つともやるのみです。

1カ月前になってやっと受付とか当日の移動とか考え始めました。そうするとこれがかなりきついのです。

50キロの部は6月26日の朝、当日でも受け付けは可能ですが、100キロは前日の25日ないし24日に受付をしなければなりません。その受付場所はスタート地点である湧別総合体育館です。本当は現地の湧別に前泊すると受付とスタート地点への移動が楽にできます。しかし、昨日、湧別の役場に電話で問い合わせたところ、湧別の宿泊施設は満杯。バスで20分くらいのところにある遠軽も満杯です。したがって、受付を単独に先に行い、26日当日は朝5時のスタートに間に合うように湧別まで行く、ということを考えなければなりません。

難問です。

これは偶然ですが、私の実家が湧別から60~70キロくらいのところにあります。ですから、いま、考えられることは24日に日帰りで汽車バスを使って湧別まで行き、受付を済ます。26日の朝は親戚に車で送ってもらう。朝3時ころ出て4時ころ湧別のスタート会場に着くという方法です。まだ手配はしていませんが、いま、考えられることではこれが最善です。ゴール後は、ゴール会場から北見までバスで来てその後実家まで帰るということでやれそうです。

100キロも走るとなるとアクセスの悪い場所がほとんどかも知れません。それも考えずに参加申し込み先行で来ましたが、自分の家からへ現地へのアクセス、そして100キロ完走の技など、かなり研究と準備と練習をしなければなりません。これからは6月の本番までシミュレーション研究の連続になります。
[PR]
by xiyuannei | 2011-05-26 23:16 | ランニングは楽しい

都民体育大会とサロマ100キロマラソン

月日の経つのは早いものでもう5月25日になっていました。
6月は二つの試合に出場するのでその練習をじっくりやっています。

c0022843_11154147.jpg一つは6月12日(日)に開催される第64回都民体育大会の社交ダンス競技です。
ここではルンバを踊りますが、東京の区市町村の代表が駒沢の体育館に集合して競技をします。私は競技に参加するのは初めてなのであがってしまい実力を出し切れないことも考えられます。まあ、そうならないように必要な準備はしておこうと練習中です。

二つには6月26日(日)に開催される第26回サロマ湖100Kmウルトラマラソンです。
いままで、42キロのフルマラソンはずいぶん参加してきましたが、100キロ走るのは初めてです。制限時間があり13時間以内だと完走証が出ます。私はキロ6分半くらいで走りゴールは11時間くらいを狙います。
思ったよりきつくて途中棄権する人も多いようです(昨年の完走率は49.9%)。しかし、62歳の今のうちに走っておかないと、今後、走る気力と体力がなくなるかもしれないと思い、今年参加することにしました。
交通とか旅館関係が不便なので、前日受付そして当日朝5時スタートのためのスタート地点への到達など走る以前に困難が多いウルトラマラソンです。
c0022843_1114326.gif


この二つをやりきって7月7日から50日間上海に行きます。
[PR]
by xiyuannei | 2011-05-25 11:10 | ランニングは楽しい

ワルツ練習のルーティン(1周)

A先生が私とのワルツ練習用にルーチンを作ってくださいました。個人レッスンなのでルーティンを踊りながら踊り方の指導をしてくださるようです。だいたいは知っているステップです。しかし、ダブル・スピン・ターン(2回)は、たぶん始めてのフィギアではないかと思います。

日本ボールルーム連盟発行のダンスのテキスト『ボールルーム(スタンダード)テクニック』に載っているベーシックフィギアズをベースにしてルーチンを組み立ててくれています。基礎的な踊りをきちっと身体に覚えさせるためのプログラムです。このワルツのルーチンの各フィギアを説明もでき身体も正確に動かせるようになりたいと思っています。将来、教師の試験、教師の活動をするうえで必要な基礎的な知識になります。

「次回までにこのルーチンを踊れるように、宿題ね」と言われたので、来週までに練習しておかねばなりません。



ワルツ練習のルーティン(1周)

01. ナチュラル・ターン 1~6
02. スピン・ターン
03. リバース・ターン  4~6
04. リバース・ターン  1~6
05. ウィスク
06. シャッセ・フローム・PP
07. ナチュラル・ターン
08. バック・ウィスク
09. ウィング
10. シャッセ・ツー・ライト
11. アウトサイド・チェンジをPPに開いて
12. ナチュラル・ ターン
13. オープン・インピタス(ヒール・ターン)
14. ウィーブ(クローズドで終わる)
15. ヘジテーション(ナチュラル・ターンの3歩を含む)
16. ダブル・リバース・スピン(2回)
17. プログレッシブ・シャッセ・ツー・ライト
18. アウトサイド・チェンジ・ツー・ライト
19. ナチュラル・ターン
20. ウィーブ
21. シャッセ・フロム・PP
22. ナチュラル・ターン
[PR]
by xiyuannei | 2011-05-24 17:47 | 社交ダンスはスポーツ

競技のルンバの音のとり方

ルンバの音がとれていない、と言われて、練習に力が入りました。パートナーはすでに競技大会に2回ほど出場しており、踊りは私よりずーと上手です。音もとれています。私が音を正確にとれる訓練をしなければならないのです

私もルンバの踊りはできますが、サークルで習ったルンバなので、競技会に特有のツー・スリー・フォー・ワンの音をきちんと踏むことが出来ていないようでした。自分としては曲とあっていると思っていても、それはメロディにあっていることであり、テンポにはあっていないということです。

このテンポに合わすことが難しいのです。曲の中に入ればテンポにあってくるのですが、最初の出足が難しい。今日はその出足のところを1時間ほど集中的に練習。そのかいあって後半は数曲踊っても足と呼吸があうことができました。

これで一安心です。とにかく社交ダンスをやるうえで、曲に合わせることができない、というのは致命的です。競技大会では、審査員は、曲のテンポがあっていない競技者は見つけた時点で採点の対象外になるらしいです。

最低限のところをクリアした感じです。しかし、これもまだまだ練習しないと、音をはずしてしまうかもしれません。


Rumba
音楽Count 1 2 3 4
StepCount 2 3 4 1
拍子      4/4拍子
Accent 第一拍目、第四拍目
Tempo 1分間に27小節
・4拍子であるStepは3歩が基本
・Hip Movementが特長
[PR]
by xiyuannei | 2011-05-23 20:43 | 社交ダンスはスポーツ

ラテンのボディづくりとルンバ

5月21日は和音先生にラテンのボディづくりとルンバのレッスンを受けてきました。Sさんが6年くらい習い続けてきた個人レッスンの先生であり、10年ほど前に突然競技の世界を引退してその後は教師の仕事をしてきた方です。

今回で2回目です。前半はルンバの動きの基本、後半はラテンのボディづくりの練習でした。

教わったポイントは5つ

1.ニューヨーク
 ニューヨークは前進運動である。向き合って手を取り合っている状態からニューヨークの状態に移るときに、足先をインサイド気味にして足先を前方にむけて、そのうえで(見た目はほぼ同時だと思いますが)ボディを前進させる。そのあとは後ろ足に重心を移動してお互いに向き合います。確かにこうして正確に向きを変えてニューヨークを踊ると踊りやすかったのでこれはいいと思いました。

2.ハンドツーハンド
 私の癖として手の位置が安定していないことがあります。手を安定させないと女性が安定して思うぞんぶん踊れないのです。つないだ手は二人の等間隔におく、常に平行に置く。そしてハンドツーハンドの場合はちょっと前に置くことが必要です。

3.ホッケースティック
 女性が回転しやすいように、私の手は額のあたりに位置し、指先は進行方向である右にむける。脚は左と右足の踏みかえをきちんとする。この踏みかえは必ずすることが極めて重要であるとのことです。

4.腕と腕の関係
 ニューヨークもハンドツーハンドも私と女性は手をつなぐ場面が多いです。その腕と手位置ですが、必ず真ん中に置く、二人の腕は常に等距離にする、手では踊らない、手のひらの部分はやさしく触れる程度くらいに・・・、といつもはあまり気にしていなかったことも今回は意識させられました。

5.ボディづくりの練習方法はまずは2つ。
 1)壁に両手をついて、足は肩幅程度に開いて、片膝を曲げて絞りをつける練習。その時みぞおちから足先までは脚という感覚で。
 2)8の字練習では、両足を地面に着けたまま、少々動きにくくても絶対にひざを曲げないで、重心移動の練習をする。踏みかえもきちんと。

1時間のレッスンでしたが、密度の濃い、実り多いレッスンでした。しかし、これは初歩の初歩。こんな調子でレッスンを受けていると膨大な時間とお金がかかりそうで、怖い面も。

帰宅後、ルンバのニューヨークの動きをビデオで確認すると確かにそうでした。
Stefano Di Filippo - New York Rumba Lesson
(ラテンはこのペアのビデオをダウンロードし、スローモードにして動きを研究しています。普通の速さだと動きが一瞬でわかりません。スローにして観ることで動きの変化を確認できます。このビデオを観てはいたのですが、教師に自分の動きを指摘されることで、改めてビデオをみると自分が気がつかなかったことに気づかされます。)
[PR]
by xiyuannei | 2011-05-23 07:03 | 社交ダンスはスポーツ

初心に戻って「走りを楽しむ」

5月23日の走行距離:7km   (キロ5分47秒)
22日までの走行距離(15日のハーフマラソンを含んで):57Km
5月走行距離:64Km

5月の走行距離は今日までで64Km。走る意思を弱めると急速に距離が短くなります。さらに、走るたびに距離を記録しないことも走る動機が弱くなる原因になります。走りながら頭に浮かぶことをシャッフルするという大切な場面も少なくなります。再度、初心に戻って「走りを楽しむ」ことに専念しなければ・・・、と気持ち新たにした今朝でした。



5月のダンス練習時間も記録していませんでした。
手帳から練習時間、パーティ参加時間を拾ってみると、ダンスタイムは確実に増えています。
しかし、きれいに正確に踊れるようになるにはまだまだ練習量が足りません。
昨日の夕方はプラスパに行ってみました。
いつも練習しに来ているペアは4時間くらい練習しているようです。それも10年くらいペアを組んでいるといいます。
自分がどこまでダンス練習に時間を充てることができるようになるのか。
いまのところ、まだ、その辺の展望は見えていません。

22日 レッスン 60m
21日 レッスン 60m
20日 サークル、レッスン 160m
19日 レッスン 100m
18日 サークル 100m
17日 レッスン、サークル 150m
16日 サークル 100m
13日 サークル 100m
11日 サークル 100m
10日 サークル 80m
09日 サークル、レッスン 160m
08日 レッスン 60m
06日 サークル 100m
05日 レッスン 30m
04日 パーティ 120m
03日 パーティ 120m
02日 パーティ 120m
01日 パーティ 120m
5月累計 1840m
[PR]
by xiyuannei | 2011-05-23 06:28 | ランニングは楽しい

ハーフマラソンもまだまだ・・・。

このところフルマラソンばかり参加しています。

大会参加歴を調べてみると、ハーフマラソンの最新参加は8年前の米軍横田基地内の滑走路周りを走った第22回フロストバイトロードレースでした。その時で1時間40分でした。まだ、53歳だったので今から考えるとずいぶん若いです。

今回の記録は1時間40分38秒なので、加齢を考えるとけっこう頑張った記録でした。痙攣さえなければ1999年の浦安の記録くらいまで行けました。「まだまだやれるな」という自信を持てた今回のぎふ清流マラソンでした。

◆ ハーフマラソン
2011年05月15日 第1回高橋尚子杯ぎふ清流マラソン 1時間40分38秒
2003年01月12日 第22回フロストバイトロードレース   1時間40分00秒
1999年11月21日 浦安ハーフマラソン            1時間38分55秒
1996年01月21日 東京シティハーフマラソン        1時間34分28秒
1995年10月29日 第1回手賀沼ハーフマラソン       1時間32分50秒
1994年11月26日 第14回秩父ハーフマラソン       1時間42分29秒

それにしてもハーフマラソン(21キロ)は、フルマラソン(42キロ)よりきついです。それは、ハーフマラソンの場合、最初からスピードを出し高い心拍数で走り続けなければならないからです。フルはその点ラクです。

このキツサが嫌でほとんどハーフマラソンは申し込みませんでした。しかし、今回のぎふ清流マラソンを契機に、フルマラソンの調整(スピードをつける練習)として参加してみるのもいいかも知れないと思いました。

記録をみて1995年の手賀沼は1時間32分という自分でも信じられないくらい速い記録です。その時はキロ4分24秒で走ったのですから、我ながらびっくりです。しかし、そういう実績があるということなのでこれからその記録に向かって頑張ってみるのもおもしろいかな、と。

c0022843_2302569.jpg
14日(土)、ゼッケンを受け取ったあとはイベント会場の芝生で酒と読書とパソコンでのんびりと日光浴&昼寝しました。
[PR]
by xiyuannei | 2011-05-16 22:56 | ランニングは楽しい

ぎふ清流マラソン1時間40分38秒

今日のマラソンは朝9時にスタート。快晴で最高の天気です。
ゴールのタイムは1時間40分38秒。@4分44秒 681位(ハーフを走ったのは8千~9千人)
40分を切りたかったのですが、20キロ付近で両足のふくらはぎに痙攣がはしり、それと付き合いながらのゴールでした。ですからこの記録は今日の私の体調のすべてをだしたベスト記録です。

ゴール後、記録、コースなど情報交換しましたが、みなさんそれぞれに思いがあります。それぞれがベストを出して走った結果をつくっているのです。ですから、どの人も「やった感」がありました。

私のラップはガーミンによると以下の通りです。
5.06Km 24:20  @4:48
5.04Km 24:15  @4:49
5.06Km 22:40  @4:29
5.02Km 23:25  @4:40
1.11Km  5:56  @5:20

最後で痙攣を起こしたのは10キロ過ぎから飛ばしすぎたからなのかも知れません。

c0022843_6312921.jpg
長良川の釣り人
[PR]
by xiyuannei | 2011-05-15 16:37 | ランニングは楽しい

ぎふ清流マラソンの受付

今日は一日中、ぎふ清流マラソンの受付会場にいました。天気が良かったのでのんびり過ごしすぎ、もう走り終えたような感覚です。1万人が参加するこのマラソンはハーフマラソンが9000人、3キロ走が1000人です。第1回目の開催ですが定員1万人を超えた申し込みがあったようです。

やはりここに来ると持てる自分の力を出し切ったレースにしようという気になります。昨年9月シドニーを走ったチーム10のメンバーもきており、最近の走りの状況、ぎふ清流マラソンの目標タイム、今後の参加大会などの情報交換を行いました。

c0022843_21233965.jpg


私とちょっと競り合っている西谷さんは(水色の服の人)、明日の目標タイムは1時間40分、11月の神戸マラソンは3時間15分切りと言っていました。私も目標を1時間38分くらいにおいていましたが、実際に走って見なければわかりません。普通に走って1時間40分前後だと思います。

Qちゃんがトークショーのなかで言っていました。「私も明日はハーフを全部走ります。今までの記録は1時間10分くらいだったけれど、今回のためにトライアルで走ったところハアハアして1時間30分くらいでした」と。平坦と聞いていましたが、実際にはけっこう難しく厳しいコースなのかも知れません。まだ38歳のQちゃんにしてそうですから、二回りも年齢が上の私が1時間40分前後でゴールすることは並大抵ではありません。しかし、全力は尽くしたい・・・、そんな思いを持ち、今晩は早めに寝る予定です。
[PR]
by xiyuannei | 2011-05-14 21:24 | ランニングは楽しい