<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カラオケもいいけどやはりダンスがいい。

今日はダンス三昧でした。

午後1時から3時間、西東京市のきらっとで踊りました。そのあと家に戻り、シャワー、夕食などを済ませ、午後6時15分には市民プラザに。合計5時間ダンスを踊りました。しかし、マラソンに比べれば身体はずーとラクです

きらっとに来る女性はほとんど上手な方です。今日は二人の女性から直したら良い点を教えていただきました。彼女たちは上手でした。ですから男性も割合上手な方たちが踊りを申し込んでいるのではないかと思われます。その彼女たちが言いました。

一人の女性:スローを踊っている時にライズ&ダウンがあるからワルツを踊っているような感じになる。足は床を擦(す)るように動かして、ゆっくりと・・・・。私の欠点を言ってくれました。これは直さなくちゃ。

もう一人の女性:ワルツを踊り、ちがうパーティ会場で踊った時に、あなたは上手だと思った。直してほしいのは、三(さん)でぴょんと上がるの・・・・.。これも私の欠点です。そして彼女が言ってくれました。くるぶしとひざとこかんせつ。これは3点セット。ここ使えるようにしないと・・・。具体的な指摘です。しかし、直したくてもなかなかなおらない点です。

嬉しい指摘でした。見知らぬ人たちが、一つの場所に集まって踊るダンス。そこでこうして自分のことを言ってくれるのはありがたいです。今日のきらっとはためになりました。

夜は市の福祉部が関与している社交ダンスパーティです。ですから2時間のダンスタイムの冒頭に市長が挨拶をしました。私はこのパーティははじめての参加だったので、「市長は高齢者(一般的には60歳過ぎ)のことをけっこう思っているんだ」なんてことを思いながら挨拶を聞いていました。

実際、参加者の中では私は若い方でした。皆さん、高齢ですが元気です。なにせ元気に社交ダンスを踊っているのですから。私はそれが嬉しいです、なぜなら彼らの元気は私の未来の姿であるからです。

ダンスはいい。カラオケもいいけれどやはりダンスがいい。これが今日の結論でした。
[PR]
by xiyuannei | 2011-09-30 21:25 | 社交ダンスはスポーツ

上海地下鉄10号線

昨日、上海の地下鉄10号線で追突事故があって多数のけが人がでました。幸い時速10キロ程度のスピードの時に追突事故を起こしたので死者がでるほどは至らなかったようです。この夏、上海に行っていたときにこの10号線はよく利用していました。留学していた上海交通大のそばにあり、駅名も交通大学です。

交通大から外灘(バンド)まで約10キロ、更に豫園まで走って、片道約11キロ。これを走って帰りは豫園駅から交通大まで地下鉄10号線で帰ってきました。また、松江区付近の友人のところに行くのに10号線で行っていました。今走っている11本の地下鉄のなかでも利用頻度が高い地下鉄でした。

ですから、事故のニュースを聞いて驚きました。1号線、9号線もよく利用していましたが、おりしも鉄道事故があった時期なので、「この地下鉄は大丈夫かな」と思うこともしばしば。こうして事故が現実のものになると、さすが、「大丈夫かな」という気持ちがさらに身近なものになります。

向こうで中国の友人が言っていました。「オバマは経済不況で謝り、管は福島原発で謝っている。そして胡錦濤は鉄道事故で謝っている」。今回は列車事故が続いたので、中国は信頼回復にさらにエネルギーをついやしそうです。

追突事故ニュース

[PR]
by xiyuannei | 2011-09-28 04:10 | 日中の雑感あれこれ

社交ダンスパーティのトライアル

社交ダンスパーティでたびたびトライアルという企画が催されます。昨日のダンスパーティでもありました。ワルツ、タンゴ、フォックストロット、ルンバ、チャチャチャの5種目です。トライアルとは1曲あたり10組程度がみんなの前で踊る企画です。その10組は観客、審査員などみんなの前で踊るのですから目立ちます。

私もワルツのトライアルを申し込みました。1曲の申込が300円です。全部で50組限定です。受付と同時に瞬く間に50組が申し込んだようです。申し込むとゼッケンが渡され踊るときにそれを男性の背中につけます。

私が踊った女性はサークルの同期生です。お互いに3年弱しかサークルで練習していないどちらかいうと初心者です。彼女はしきたりのきつい家の奥さんで、ダンスの練習、ダンスパーティに参加するにもなかなか時間がとれない人です。でもダンスがすごく好きになったようで、練習熱心、また、平日午後のダンスパーティは時間の都合がつく時に、月に何回か参加しているようです。

「こんどのダンスパーティでトライアルをやろう」と私が誘ったところ、「私はそういうことをしたことがないのでできるかどうかわからない」とためらっていました。しかし、私が「経験だから・・・」と少し強引に誘ってトライアルをやることにしました。

一回だけサークルの教師にカップルレッスンしていただきました。その時のアドバイスは「ホールドを保つこと」「ワルツなのでライズ&フォールを落ち着いてやること」この二つでした。

さて、本番。番号を呼ばれ、ダンスフロアの中央にいきます。一応手を組んでかっこつけて出場しました。ワルツの曲がかかります。お互いにホールドを確認します。そして踊り始めました。彼女は163㎝っくらいあるので、私と一緒に踊ると目立ったそうです。私は男性ですから女性を引き立たせなくてはなりません。ワルツの曲にあわせてゆっくりライズ&フォールをしました。

終わったあと、「よかったわよ」「背丈があるから目立った」「ホールドがきれいでよかった」という声をいただきました。私たちも練習の成果として90%くらいは発揮できたかな、と思います。

ダンスをやりはじめていろいろなことを体験しています。これからも自分では考えたことがなかったいろいろなダンス体験が待っていると思います。必ずしも楽しいことばかりではないかもしれません。この毎日の生活の充実感はダンスをやったからこそ出てきています。まさか、こんな風にまでなっていくとは思いませんでした。
[PR]
by xiyuannei | 2011-09-26 19:23 | 社交ダンスはスポーツ

はじめてのアテンダント

昨日のダンスパーティでははじめてアテンダントの仕事をしました。これは、リボンちゃんとも言われ、ダンスパーティに参加した女性と踊る仕事です。午後1時半から4時半までの3時間でした。謝礼が3000円出ましたから時給1000円です。

好きな踊りを踊れてお金をもらえる、とてもラッキーな仕事でした。会場に15席ほどマドンナ席を設け、そこに座る女性と順番に一曲づつ踊ります。昨日の参加者は300名ほどですから女性も150名ほどいました。何人と踊ったか、わかりません。20~30人ではないかと思います。

踊りはワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、ルンバ、チャチャチャです。サンバも何曲か流れました。昨年の秋からパーティに参加していろいろな女性と踊っているので、昨日は基本的に問題なく仕事をこなすことができました。

昨日はアテンダントが4人いましたが、皆さんフル稼働でした。アテンダントは左肩に赤いリボンをつけます。ですから、赤いリボンをみて「踊ってください」という女性もいます。順番待ちですので、マドンナ席で待っていただきました。

参加する女性の中には、数人でリボンちゃんを雇って連れてきて踊るグループもいます。学生のアルバイトが多いようです。パーティという場を楽しむ。そのために慣れた人はいろいろ工夫しています。
[PR]
by xiyuannei | 2011-09-26 10:34 | 社交ダンスはスポーツ

13歳のダンサー

今日のダンスパーティですばらしい踊りを観ました。13歳、中学1年生の踊りです。全日本の大会で踊り、この8月にはドイツで開催された大会にも参加しました。もう、私とは次元が違う踊りをおどります。こうして若い人が活躍しているダンスの世界なんだと思うとホント嬉しくなります。
c0022843_20274421.jpg

[PR]
by xiyuannei | 2011-09-25 20:29 | 社交ダンスはスポーツ

ワルツのペアレッスン

今週の日曜日(9月25日)、スポーツセンターでダンスパーティがあります。いつも300~400人が踊りにきている会場です。ここは広くて天井が高いのでサイコ―に気持ち良く踊ることができます。

午後1時から4時までですが、その中の企画でトライアルがあります。これは、種目別に8~10組だけが踊ります。その他の参加者はその時間は観客になります。広い会場で10組だけが踊るのですから、踊る方は気持ちがいいです。しかし、慣れていないと緊張してうまく踊ることができないかもしれません。

ダンスが上手になるのには冷や汗をかく回数と恥をかく回数の積み重ねが必要です。私も、サークルの同期生とワルツのトライアルに参加することにしました。しかし、サークルで習った踊りだけではこころもとないので、サークルの教師にサークル終了後踊りのアドバイスをしていただくことにしました。(昨年スローフォックストロットのデモを行うための個人レッスンチケットが1回分残っていたので)

50分ほどでしたが、サークルの練習で習ったこととはかなり違うアドバイスがありました。たった50分でもずいぶんとためになります。サークルではいつも20人ほどが集団でダンスを習っていますが、同じ教師でも、ペアレッスンになるともっともっと基本的なこと、細かいことを教えてくれます。

今日がそうでした。

私たちはワルツを1曲音にあわせて踊り、そのあと、立ち方、組み方、動き方を教えてもらいました。そのあと、教師からの具体的なアドバイスです。私について受けたアドバイスの主な点です。

1.ホールドは左腕をもう少しあげ、右腕は固定する(私の場合左上の上げ方が少なくしかも腕先が折れてしまう)

2.立ち方ではのどぼとけの2~3センチ下のところを持ち上げるようにする。この1と2は踊っている間中、キープする。

3.ナチュラルターンは、ライズ&フォールをゆっくり、しかも男子、女子が一緒にライズ&フォールする。そして男性は女性の動きを待って一緒にライズ&フォールする。

4.PPから、足を出す動きについて、左脚は大きめに前に出す。

5.ライトシャッセは、女性が大きく前に出てその後止まったのを確認してから、男性はPPに開く。

6.ターニングロックは、2回まっすぐに下がるがその際、右わき腹を女性に与えながら下がる。

7.レフトウィスクは左足を引いて、合わせて(同時位に)丹田のあたりを左にねんてんする。

8.コントラチェックはトップをあけ、男性の上体はほぼまっすぐのまま行う。

今日のアドバイスはこの辺まででした。次の日曜日はトライアルに出場するので今日しか時間がありません。それ故、ホールドをきちんと保つこと、ライズ&フォールをスムーズに行うこと。この2つをぜひ当日はやったらいい、とアドバイスがありました。

いつもは20人の集団で教えてもらっていますが、今日はペアレッスンの指導。もし今後もペアレッスンを受けたら人に見せるダンスをするうえで、基本的な踊り方が上達するだろうな、と確信したレッスンでした。
[PR]
by xiyuannei | 2011-09-19 19:27 | 社交ダンスはスポーツ

オンライン授業

9月から「ネットde中国」を再開して、今日で2課終了。いちおう、3回で1課を終わらせる目標で授業を進めています。オンラインなので、1対1。時間は朝9時から夜の10時まで好きな時間帯を予約できます。私は朝型なので9時から開始。1回50分です。

授業を効果的に進めるために、宿題の量が次第に多くなります。その宿題はワープロにしておいて、授業のときにアップします。教師はそれをみて添削します。宿題の文章の間違い箇所の修正、読んだ時のアクセントの修正などを行ってくれるので、宿題もやりがいがあります。

いまは、入門編の下なのでテキストは全体としてやさしいのですが、ここに出てくる単語、文法などはこれからの学習の基礎になっていくので、しっかり運用できるようにならなければなりません。とりわけ私にとっては正しく発音できるようになることが課題です。

平日の午前はなるべく学習と読書にあてています。

それにしてもこのまえ誰かに言われました。「そんなに中国語を勉強してどうするの」~返答に困りました。
[PR]
by xiyuannei | 2011-09-19 11:08 | 中国語学習と周辺

夏バテかな?

9月19日:跑步距离 10公里 (匀速6分41秒 黑目川) 
9月18日:16公里(匀速5分45秒 黑目川) 
9月累计距离 55公里
---
最近、走っていても、脚(大腿からくるぶしまで)にちょっとだるさを感じています。なにか、疲れがたまっていてとれていないような・・・、そんな感覚です。

夏の疲れがうまくとれなくて9月に持ち込んでいる感じです(いわゆる夏バテなのかもしれません)。こんなときこそ、ゆっくりと走り身体の調整が必要なので、今週からまた継続的なランニングをしていく予定です。
[PR]
by xiyuannei | 2011-09-19 10:05 | ランニングは楽しい

プロムナードターンtoロックターン

金曜日夜のダンス研究会は前回からタンゴになり、練習開始。「研究会」という名前だけあって、通常のダンスサークルとは違うレッスン内容です。一番の違いは、フィギアの一つ一つを区切って練習することです。ですから、いわゆるサークルで習う足型をベースにした練習とはまったく違います。

この研究会の数名は今日習っている先生の教室に通って、ダンスの練習をしているようです。彼女たちは言います。「ここのダンス研究会で教わっている内容は個人レッスンと同じようなものです。」

私もこの数年5つくらいのサークルに所属してスタンダードの練習をしてきましたが、この男性教師のような教え方ははじめての経験です。ですから、今日も新しい体験、発見の連続でした。

前回はタンゴのウォークリンク(SSQQ)のみを1時間やりました。今日は前回休んだ人がいたので軽くおさらいをして、次のステップであるプロムナードターンtoロックターンです。このフィギアはサークルで習ったことがあり、サークルでは一応動けるのですが、今日ならったプロムナードターンtoロックターンの動きは今までのものと違うものでした。

最初はサークルで身についた癖があり、先生の言うとおりに動けなかったのですが、最後はほぼ先生の教え通りに動くことができました。今日のメンバーは男性4人、女性4人でしたが、女性からすごく踊りやすくなった、動きやすくなったと言われました。

たぶん、ダンスパーティなどではこの動きはできないと思いますが、プロムナードターンtoロックターンとはこういう動きなんだ、と学習した、貴重な1時間でした。

穐吉先生のBlog
[PR]
by xiyuannei | 2011-09-16 22:15 | 社交ダンスはスポーツ

毎日がダンス

今日の午後、近くの会場で社交ダンスパーティが行われると聞いて行ってきました。その会場で行われる土曜日のパーティには数回参加したことがあります。主催者には申し訳ないですが、今日のパーティは参加人数が少なくて比較的に踊りやすいパーティでした。

行くと、同じサークルの友人も来ています。この半年くらいペアレッスンしている二人です。サークルでの練習の時には全然わかりませんが、こうして二人で地道に練習を積み上げているようです。帰り際に言われました。「最近、Blogを更新していないね」。そうなんです。この1週間更新していませんでした。

たぶんFacebookに情報交流の場が移って、いわゆるBlogは少し引いているのかも知れません。「書いて」「自己満足」の世界がBlogです。それにひきかえFacebookはメンバーの動き、思い、気持ちなどよくわかります。

この1週間はほとんど走っていません。10キロちょっとくらいです。しかし、踊りはけっこうしています。9月にはいってからも、
2日 60m ダンス研究会
4日 200m ダンス連盟のバス旅行 熱海
5日 90m  ダンス連盟のバス旅行 熱海
6日 60m  個人レッスン
7日 100m サークル
8日 120m パーティ
10日 120m 個人レッスン、練習
11日 120m パーティ

こうして書き出してみると毎日のように踊っています。
踊って、飲んで、走って・・・、まったく好き勝手なことさせてもらっています。



今日もたぶん10回くらいスローフォックストロットを踊りました。
これをスムーズに踊れるようになりたいのですが、難しい。
納得いく踊りになりません。
パーティに行く前に何回もミルコのスローを見ていったのですが。
[PR]
by xiyuannei | 2011-09-11 18:24 | 社交ダンスはスポーツ