<   2011年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大阪マラソンで45キロ走

昨日は大阪マラソンをランニング。

c0022843_10104018.jpgシンガポールから参加する友人を応援に行ったのですが、たまたま、一緒に参加する彼らの友人が不参加になったので、そのゼッケンをつけて走りました。ですから記録するチップはありません。

c0022843_1081134.jpg競技ではないので、シンガポールの友人とゆっくり走ったり、歩いたり、写真を撮ったりした42キロでした。しかし、折り返した後、彼らと出会ったのでまたその列に加わりその分余分に走ったので結局45キロほど走ってきました。

c0022843_1084238.jpgゴールタイムは6時間54分ですから普段のフルマラソン記録の約2倍の時間です。ゆっくり走ったおかげで、間寛平さんの後ろを2キロほど走ることができました。
c0022843_1010746.jpgまた、関西の有名らしい森アナウンサーの「プロジェクト完走」に並走して数キロ走りました。

大阪マラソンは今年が第1回。第1回にしては運営がきちっとしていました。かなりシミュレーションをかけて成功のための準備をしたものと思います。9時スタートの時は曇り、午後1時ころから雨降りになり、タイム制限7時間の午後4時ころには本降りになってきました。私もほぼ7時間かけて走ったので、衣類はびしょ濡れです。それでも気持ちのいいランニングでした。

金曜の夜行バスでいき、土曜日は一日大阪マラソンのエキスポ、日曜には完走後難波発の夜行バスで帰京、月曜日の朝6時ころ新宿到着というハードスケジュール。しかし、ほとんど疲れは感じなく、今日午後のダンス練習にも行けそうです。

c0022843_10111451.jpg



10月30日:跑量45公里 (大阪)
10月28日:跑量 3公里(白山公園)
10月27日:跑量 6公里 (白山公園) 
10月62日:跑量 6公里 (白山公園) 
10月累计跑量182公里
---
[PR]
by xiyuannei | 2011-10-31 10:13 | ランニングは楽しい

KBSの韓国語講座

NHKはハングル講座と言っています。これは韓国語、朝鮮語という言い方があるので、中をとってハングルにしたと聞いたことがあります。

KBSという韓国のテレビでも韓国語講座があります。ここは韓国語という言い方です。北朝鮮では朝鮮語かも知れません。私の友人は韓国にいるので、当分韓国語ということにします。英語ではKorean,中国語では韩国语(はんぐおいュ)です。

韓国語講座

この講座ならいつでも聞くことができます。しかも無料です。テキストもついているので、ヒヤリング、発音、韓国文など総合的に学ぶことができます。文章は中国語、英語などでも同じ内容なので、場合によっては他の外国語も勉強できそうです。
[PR]
by xiyuannei | 2011-10-26 08:58 | 韓国語学習と周辺

左腕で踊る、そしてムーブメント

今日のダンスレッスンのあと、先生とそのリーダーおよび弟子1と言われる男性の3人がダンス論議をしていました。なにやら、最近はダンスのホールドの位置が高いという話です。確かに競技のビデオを観ると、全体的にホールドが高い、しかもガシッとしています。

c0022843_2141338.jpg私もダンス開始当初からホールドづくりにはかなり気をつけてきました。まだまだ不安定ですが、それでもパーティの時に女性から「ホールドが大きくて安定しているからリードがわかりやすくて踊りやすかった」と言われます。

そのホールドですが、これはスタンダード(最近はモダンと言わないでスタンダードといいいます。ワルツ、タンゴなどのことです)で男女がホールドをつくるときにまず確認しなくてはいけない形です。練習のとき、男女で組むとホールドをつくりますが、そのホールドの形を先生が直してくださいます。そしていいます。「この形を崩さないで(1周して)ここに戻れるといいのだけれどね。」

そうなのです。踊っている間せっかく先生が修正してくれた本来の形のホールドが崩れてくるのです。ですからダンスは難しいです。

本日のリーダー(男性はリーダー、女性はパートナーと言います)の男性がいいました。ワルツ、フォックストロットを踊るときに左腕で踊らないで右腕で踊る男性がいますね。初心者のかたに多いですが、けっこう経験がある人にも見受けられます。」そういえば、私も身に覚えがあります。大切な指摘でした。

もう一つ大切なことを言ってくれました。「ワルツはワン、ツー、スリーですが、踊りが切れないで継続するにはスリー~、ワン、ツー、とスリー~が重要です。」私もワン、ツー、スリー、ワン、ツー、スリーとやっており、どちらか言うと踊りが切れている動き方です。

これはムーブメントがない、とプロ仲間では話すようです。私もワルツ、フォックストロット、クィックを踊るときにはムーブメントを意識して踊ろうと、勉強させられたお話でした。
[PR]
by xiyuannei | 2011-10-25 21:06 | 社交ダンスはスポーツ

10月から2回カップルレッスン開始

10月25日:跑量 6公里(白山公園)
10月24日:跑量 6公里 (白山公園) 
10月20日:跑量 5公里 (実家周辺) 
10月累计跑量122公里
---

今月のランニング目標は200kmですが、1回くらい長距離を走らないと届かないかもしれない。昨年に比べて走る量が激減。しかし、コンスタントに走っているので、ま、走っている気分にはなります。

10月から月2回カップルレッスンをスタートし、少しづつ身体も慣れてきています。ワルツとフォックストロットを練習、次回はタンゴも行い、まず1周をベーシックで踊りこむ練習をしています。昨日は、ホールドを保ったまま大きく踊るように言われました。大きく踊ると身体のバランスが崩れますが、それが崩れないように大きく踊れるようにすることで練習の壁を一つひとつクリアしていきます。

もちろん踊る中で、姿勢、ホールド、サポーティングフットの使い方、頭および目の方向などサークルでは教わらない細かいことも指摘してくれます。私の癖もなおしてくれます。たとえばオーバースウェイの時の目の方向、リバースウェーブの時にはスウェイをかけないこと、ナチュラルターンの右脚の使い方、ターニングロックからレフトウィスクに行く時のカウントなど、細かいところを直していきます。

ホールドをきちっと保ったまま大きく踊る、そしてフィギアの細かい点を一つづつ直していく。この作業の繰り返しで少しづつですが、きれいで正確な踊りを踊るようになっていきます。たぶん、先生からみたら、上達段階に応じてさらに細かい点を修正していくと思いますし、フィギアも難易度が高くなればその分練習量も増やさなければなりません。カップルレッスンは細かい点を二人で何回も繰り返して練習できるところが便利なところです。
[PR]
by xiyuannei | 2011-10-25 06:18 | 社交ダンスはスポーツ

ゼロからはじめるハングル

先週末からハングル(韓国語、朝鮮語などの言い方もあります)をはじめました。

きっかけは、夏の上海交通大学の留学で、クラスメートにたくさんの韓国人がいたことです。いつもなら、その留学期間中で交流は終了します。しかし、今回は違いました。それはfacebookで日常的にお互いの情報と関心を共有しているからです。

facebookは通常母国語で書きこんでいます。英語を使っている人は英語で、日本語を使っている人は日本語で、そして、ハングルを使っている人はハングルで。

数人の韓国の友人がハングルで書いているのですが、いまの私にはまったく発音できませんし意味も理解できません。あの記号のようなハングルが並んでいるなと受け止めるだけです。

来年の3月には韓国のソウルマラソンに参加しようと思っているのですが、この半年でハングルを読めるようになること、挨拶など最低のハングルを覚え、3月を迎えようかと思っています。

ソウルにある漢陽大学(ハンヤン大学)には中国留学で知り合った韓国人が数人いますので、3月に行ったときに、中国語だけでなくハングルでも話す機会がもてます。

62歳からのハングル。

果たしてどこまで使えるハングルがモノにできるかわかりませんが、次の挑戦課題になりました。
[PR]
by xiyuannei | 2011-10-24 04:38 | 韓国語学習と周辺

気温1度はさすがに寒い

10月19日:跑量 7公里 (匀速6分59秒、近くの丘) 
10月17日:跑量 3公里 (白山公園) 
10月累计跑量105公里
---
月曜日から北海道の田舎に帰省。のんびりしています。
今朝は近くの丘にランニング。朝5時半頃でかけました。
太陽が昇りだすころは寒さが最高に。
手がかじかんで、身体もあつくなりません。
帰ってきてからテレビをみると気温は1度と報道していました。
昼は15度lくらいになりぽかぽか陽気。
秋の典型的な天気です。
c0022843_12584496.jpg
低い山の尾根から朝日が顔をだしました。一気にあかるくなります。


c0022843_1303334.jpg
農道は砂利道です。東京では走ることができない素敵なランニングコースです。


c0022843_1321174.jpg
いまの時期収穫前のビートが畑一面に植わっています。


c0022843_1324950.jpg
子供の頃川泳ぎ、魚釣りなどよく遊んだ川。春は雪解けで洪水になることもしばしばでした。


c0022843_131032.jpg
白樺の林は私が好きな風景。北海道らしくていいです。
[PR]
by xiyuannei | 2011-10-19 13:06 | ランニングは楽しい

今日は北京マラソン

10月16日:跑量 12公里 (匀速5分44秒、黒目川 、落合川) 
10月12.13日:跑量 6公里 (白山公園) 
10月累计跑量95公里
---

朝降っていた雨がおさまり、運動会を予定していた学校は大喜びでしょう。
私も、11時ころから走りに出かけました。
日差しが強くなってきたのでサングラスをして出かけたのですが、上は綿の長そでなので、帰宅すると汗でびっしょりでした。

今日、北京では北京マラソンが開催されています。私も過去3回しました。天安門から北西のあたりを42キロ走りオリンピックスタジアムにゴールします。けっこう応援が多く、走っていて心がうきうきするコースです。また、終了後は中国のマラソン仲間と打ち上げをかねた飲み会に参加数するのも楽しいです。

今年は参加できませんでしたが、来年は日中国交正常化40周年です。来年は参加しようかと思っています。

2002
2007
2008
[PR]
by xiyuannei | 2011-10-16 15:11 | ランニングは楽しい

見られ、言われる年齢

10月11日:跑量 10公里 (匀速5分38秒、黒目川 ) 
10月10日:跑量 4公里 (匀速6分20秒 、白山公園) 
10月累计跑量77公里
---
最近、コンスタントにランニング。
大腰筋を意識しはじめてから走り方が安定しているような気がします。
下半身と上半身を結ぶ重要な内筋です。
ここをどう鍛えるのか方法は明確にはわかりません。
いま、やっていることは走るときに大腰筋を意識して走ること、50回ほど足踏みすることです。



今日も個人レッスンを受けている教師から言われました。「最初、会ったとき私より若いと思った・・・」。その教師は55歳です。また、インターネットで個人レッスンを受けている28歳の女性教師は言いました。Blogの写真を見ると40代に見える。62歳の私には嬉しい言葉です。

年齢はすごく意識します。それはマラソン申込の時必ず年齢を書きますし、年齢を意識してマラソンをしているからです。しかし、年齢という数字を意識しても、どう見えるかはほとんど意識したことはありません。ですから、女性から若く見られるのは嬉しいような恥ずかしいような気持ちです。

人間は誰でも年をとります。肉体も衰えます。もちろん私も以前に比べどんどん身体能力がさがっています。しかし、足腰と歯をしっかり守り内臓がしっかりしている間は元気に動きたい。

元気でいられるこれらはすべてランニングのおかげです。
[PR]
by xiyuannei | 2011-10-11 22:10 | ランニングは楽しい

Валерия и Стас Пьеха - Расставание

今日はいつもの月曜日午後のダンスは祭日のために開催しません。
月曜午後はほぼ皆勤の状態なので久しぶりのゆっくりタイムでした。

c0022843_21263141.jpgInternetを見ていると、ソビエト(だと思うのですが)のВалерия (バレリア)という女性歌手の歌に出会いました。
youtubeで検索するといろいろなタイプの歌を歌っています。
いま、ソビエトで歌姫的な存在のようです。

ロシア語はまったくわかりません。
しかし、彼女の歌を40ほど聞いて、うち18曲をiPodように編集しました。
あすからのランニングはしばらくはバレリアです。


Валерия и Стас Пьеха - Расставание

最新アルバムから(2010年)
[PR]
by xiyuannei | 2011-10-10 21:23 | カラオケは自己表現

2011年Himuka秋の舞踏会

昨日(2011年10月9日)は、ダンスサークル仲間が出演する2011年Himuka秋の舞踏会が開催されました。私の友人(男性と女性)はワルツを踊りました。一緒に踊った相手は習いにいっているダンス教室の教師です。、普段サークルで練習したり、パーティで踊るときとは違い、「晴れの舞台」での発表なのでひときわ輝いて見えました。

毎日のようにダンスを練習し、パーティにも参加する。それはそれで楽しいのですが、多くの人にダンスを見ていただくダンス発表も自分を高めるうえで大切です。目標と努力と本番での緊張感、そして仲間たちからの応援と祝福、これらが、ダンスをしていることをさらに楽しくさせます。

昨日の会場は舞踏会の成功にむけて参加者の一体感と盛り上がりがありました。Himuka先生が教えているサークル、教室の合同舞踏会ですので、和気あいあいとした雰囲気で楽しい空間でした。ダンスタイム、ミキシングなどの時間もかなりあり、応援で参加している人たちもかなり踊って楽しそうでした。

私も昨年12月、東京プリンスホテルで、習っている教師とダンスのデモをしました。大きい会場にバンドが入り、プロダンサーのショーもあり、初めて参加し体験したパーティに「こういう世界があるのか」と感嘆したものです。その時にみんなの前で踊ったダンスデモの体験はその後のダンス練習の糧になっています。

昨日、参加して一つ発見がありました。それはHimukaダンスの主宰者である日向みとりさんは私の住む東久留米市と同じ市の出身であり、ダンス活動も東久留米市を中心に西東京市、清瀬市など近隣での活動を大切にしていることです。同じ市に住むものとしてこれは嬉しいことです。私の知っているダンス愛好者も多数の人がHimukaダンスに関係しているようでした。

地域での社交ダンス活動を活発にさせるうえでも地元のプロダンサーを応援することは必要だな、と感じた舞踏会でした。
[PR]
by xiyuannei | 2011-10-10 06:23 | 社交ダンスはスポーツ