<   2011年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2011年のランニング距離、1845キロ

2011年のランニング距離

2011年のランニング距離は大幅に減少。運動時間を社交ダンスに振り分けているのがわかります。
社交ダンスは1ヵ月に40時間前後。もし、この40時間をランニングにあてたとしたら、約400キロ(1時間10キロ走る計算で)です。ランニングと社交ダンスを足した総運動量は年齢を重ねるごとに増えています。

それにしてもこの少ない練習量で今月の上海マラソンで3時間半をよく切りました。社交ダンスの運動がマラソンにも効果があることがわかります。


12月 129Km (上海国際マラソン、3時間29分) 
11月  80Km
10月 182km (大阪マラソンを友人とゆっくりラン、6時間54分)
 9月  79km 
 8月 214Km (上海の仲間とランニング)
 7月 173Km (上海の仲間とランニング)
 6月 261km (サロマ100キロウルトラマラソン、12時間45分)
 5月  90km
 4月 126km 
 3月 158km
 2月 213km (東京マラソン、3時間28分)
 1月 140km
合計 1845Km


1994年からの累計距離: 27,126km
2011  1845km
2010  2599Km
2009  3469km
2008  2785km
2007  2283km  
2006  2310km
2005  1557km
2004  881km
2003  867km
2002  838km
2001  378km
2000  376km
1999  794km
1998  1209km
1997  1521km
1996  1787km
1995  1415km
1994  212km
 (94年10月から記録開始。94年1月から走りはじめたが9月末までは記録してこなかった)
[PR]
by xiyuannei | 2011-12-31 16:36 | ランニングは楽しい

2012年はドラッカーとともに

数日前に図書館から『ドラッカー20世紀を生きて』(日本経済新聞社、1995年8月刊)(ピーター・ドラッカー著、牧野洋訳・解説)を借りてきて読んでみました。

以前、日経新聞の「私の履歴書」で連載されていたころ目を通していました。最近になり、退職2年半をすぎ、少し気持ちのゆとりができたせいか、昔を思い出してきたせいか、ドラッカーの本なども読みたくなってきました。

ドラッカーはマネジメントの発明者と言われており、かなりの人が知っている言葉に「事業の目的は顧客をつくりだすこと」があります。

最近、団塊世代の友人たちと「ダンス東京」を立ち上げました。団塊世代の社交ダンス人口を少しでも増やしたいからです。ですから、ダンス東京の事業目的は「社交ダンスをする人をつくりだす」ことに通じます。増えることでパーティ開催などの参加者も増えてきます。

ドラッカーの言葉がパソコンのモニターに出てくる「ドラッカー365の金言」デスクトップ・カレンダーがあり無料で利用できます。2012年はドラッカーの気持ちに戻ろう、そんな準備をした12月31日でした。
[PR]
by xiyuannei | 2011-12-31 06:44 | 読書は他者の経験の共有

2012年1月きらっと「社交ダンス」個人開放日程表

2012年1月きらっと「社交ダンス」個人開放日程表をいただきました。

1月は13回開催です。

1月5日(木)、6日(金)、8日(日)、9日(月)、12日(木)、16日(月)、17日(火)、19日(木)、24日(火)、26日(木)、27日(金)、30日(月)、31日(火)

使用料(これは入場料のことです)大人250円
開催時間 13:00~16:00
定員制:先着160名
会場:きらっと 042-451-0555

*個人開放とは、広く市民の方や近隣の方が、気軽に社交ダンスを楽しめる時間です。事前に登録の必要はありませんので、自由にご参加ください。~日程表より転載



2011年のきらっとでの踊りおさめをしてきました。14:30ころがピークの人数でしょうか、15:30頃にはかなり空いて踊りやすくなりました。
来年への持越しテーマはスタンダードを踊るときに右わき腹をつけることを意識して踊ることです。これができるようになると、男女二人でおどる社交ダンスは、本人同士は次にどういう動きをするかの信号になりますし、踊りも安定します。外からみても「二人の一体感」はきれいに見えます。
[PR]
by xiyuannei | 2011-12-27 17:53 | 社交ダンスはスポーツ

初めてのカップル、そして解消

今年、4月3日(日)のダンスパーティの終了のあとでした。パーティ会場で演奏していた生バンドのヴォーカルの女性は携帯電話番号を書いた紙切れを私にそっとくれました。「お話したいです。」翌週の土曜日に会う約束をしました。

内容は「カップルを組んで競技に出ませんか。ダメならダンスをする友だちでいたいです。」ということでした。私もこの時期パートナーが欲しいと思っていたので、性格がよさそうで、競技出場経験があるそのSさんと組んで練習しようという気になりました。

こうして、6月に2回ほど練習。夏は私は上海に留学したので10月から練習再開。プロの先生に私たちの踊りを見ていただき、6回ほど練習しました。ワルツとフォックストロットとタンゴです。Sさんには初めてのアマルガメーションなので覚えるまで大変でしたが、昨日の練習まででほぼ完ぺきに覚えました。

昨日の練習は同時に最後のカップルレッスンでもありました。1週間前に私に突然携帯メールがありました。「カップルレッスンは解消しましょう。しかし、これからもダンス友だちでいてください。」

私は4月にSさんからリーダーになることを求められ、12月には「解消して、これからは友だちでいましょう」という存在になりました。まあ、「ふられた」ということになるのでしょう。

4月に初めて会った時に、なぜ、私なのですか?を聞きました。Sさんは言いました。「ステージの上からはホールで踊っている人がよく見えるんです。西さんは誰ともにこやかに踊っていてとても素敵でした。」それまでラテンの競技大会に出場していた歌手Sさんはスタンダード(ワルツやタンゴ、フォックストロット)を覚えたくて、一緒に踊りの練習をする男性を探していたようです。それで私を見つけたようでした。

プロの先生からから教わった8回くらいのレッスンは私もずいぶん勉強になりました。この数カ月、パーティで見知らぬ女性から「じょうずですね。踊りやすい」と言われるようになったのも、基礎にはこのカップルレッスンがありました。

昨日の最後のカップルレッスン後、「これからもパーティなどで踊りましょう」と別れました。帰りぎわにプレゼントをくれました。そしてその中には小さなカードにSさんのメッセージがありました。「今迄、遠くまで来て頂き本当にありがとうございました。お身体大切に、ご活躍を期待しております。また、どこかで西さんの笑顔とおあいできると幸せです」

Sさんは、来年1月21日(土)に開催されるスポーツセンターのパーティ券を買ってくれたので、次回会うのはパーティ会場です。2011年、私は初めて競技出場をめざしたカップルを経験しました。
[PR]
by xiyuannei | 2011-12-27 06:27 | 社交ダンスはスポーツ

市の施設利用団体登録と減免申請

市の施設(ホール、会議室など)を利用するには、施設利用団体登録が必要です。ダンス東京として、今後、ホールなどで練習することがでてくるので申請することにしました。その際、団体登録メンバーが60歳以上だと「減免措置」があり、ホール、会議室などが無料で使えるのです。20年ほど前の市長が、「市の年配者が元気に様々な活動を出来るように」経済的な援助制度をつくったようです。

ダンスをはじめる迄、このような減免措置があることが知りませんでした。自分も60歳を過ぎ、いざホール・会議室などを使用しようとするとき、この減免措置は大変ありがたい制度です。

それで、昨日はパーティに参加している数人に「ダンス東京を団体登録したい」「減免申請をしたい」ことを話して署名をもらいました。氏名、生年月日、住所、電話番号が必要です。

このダンス東京は団塊世代を中心としたサークルにしたいので、60歳前半の人を中心に署名をもらおうと思っています。事務方から「5人以上必要」と言われたのですが、すでに5人の署名はもらいました。10人くらいにして申請予定。この申請が通ったら、来年からは気軽にホールを借りて練習できるようになります。

申請先は市長と教育委員会。これは[文化施設]扱いなので教育委員会の管轄になっているようです。
[PR]
by xiyuannei | 2011-12-26 06:40 | 社交ダンスはスポーツ

アテンダントがいるから踊る機会ができる

昨日はスポーツセンターで行われる今年最後のパーティ。200人くらい参加者がいて盛況でした。生バンドもけっこう上手で踊りやすいのがよかった。

主催は私が夏まで参加していたダンスサークルだったので、「和菓子の赤城」で生菓子を買って差し入れしました。そのサークルを退会することは会長に伝えていましたが、会員の皆さんには直接話してなかったので和菓子を持ってあいさつに。ダンスサークルの世界では退会するときには「お世話になりました」とお菓子を持ってあいさつする慣習があるようなので、やはりこれをやらないと気持ちの整理がつきません。

控室に行くと、「アテンダントをやってくれない」と青いリボンを渡されました。何かお手伝いする気でいたので、胸につけて踊りに。おかげで知らない人ともずいぶん踊りました。椅子に座っている女性たちをみて、踊りを誘わないとな~と思う人も多数いますが、身体は一つ。なかなか時間がとれません。しかし、東大和から車2台で7人で参加したという人とは数曲踊りました。女性だけで参加したようですが、男性が誘ってくれないので「つまらない、次回からは参加するのは止めよう」と話していたようです。けっこう踊れる女性だったので、やはりアテンダントは必要だなと感じた一幕でした。

知った顔の人がいたのでその人と踊ったのですが、彼女が「踊りやすいと聞いていますよ」と言って下さいました。私の踊りは女性にやさしいようです。昨日も午後1時から終了の4時までめいいっぱい踊りました。踊りのあとは打ち上げのお酒。やはりうまい。
[PR]
by xiyuannei | 2011-12-26 06:20 | 社交ダンスはスポーツ

上手になった分だけ素敵な女性が目の前に現れる。

漠然と、自分が社交ダンスが上手になるのは60代、70代はその社交ダンスの維持、80代は落ちる、と思っていました。しかし、最近、この考えを変えました。自分は社交ダンスを止めるまで向上心を持とう。たとえ、80代でも自分のダンスは進歩するんだと。

身体の動きは年代によって違います。

いまの62歳という年齢は自分の62年の人生の中でもよく身体が動く年です。それは今年走った42キロのフルマラソン(東京マラソン、上海国際マラソン)が3時間半を切る記録にも現れています。また、毎日のようにやっている社交ダンスの練習、パーティでも感じます。

私の社交ダンスは歩幅が広く、一緒に踊った女性は「踊った・・・」という気になるようです。ほとんどの男性・女性は歩幅が狭く、ちょこちょこと踊っています。私もサークルでの練習は、狭い会場、習っている女性に合わせて、こまかく踊ります。万が一転んでけがをしたら怖いからです。

しかし、パーティは違います。

上手な人と踊るようにします。その方が安全です。そして大きく楽しく踊ることができます。今日の午後のパーティもそうでした。その女性はすごくスリムです。踊りも上手です。聞くと以前はフィギアスケートをしていたとのこと。ですからウェストを含め身体全体が細く締まっています。踊りも上手です。個人レッスンを受けているとのことでした。

上手になった分だけ、上手で素敵な女性が目の前に現れる。

この数カ月はそれを実感します。
[PR]
by xiyuannei | 2011-12-24 23:01 | 社交ダンスはスポーツ

走る、踊る、休む、というリズムの構築

12月21日:跑量 3公里 (白山公園) 
12月累计跑量93公里

---
04日 42km (上海国際マラソン)
08日 20km (上海の世紀公園)
13日 03km
14日 03km
15日 03km
19日 03km
20日 16km (東京の黒目川)
21日 03km
12月累計 93km

いつもマラソンを走った月はランニングの量が少なくなります。今月も12月4日に上海を走ったので、その後の走量は少ない。しかし、毎日、数キロでも走ることで、自分の体調を感じています。

また、月のランニング量が
100キロで走力後退
200キロで走力維持
300キロで走力アップ

というのが、私のランニング経験値ですので、今月はあと100キロほど走っておこうと思っています。

しかし、上記のランニング量はダンスをしていないときのこと。この間はダンスの練習量が相変わらず多いので、運動量は格段に増えています。ですから、これから、学ばなければならないのは、休息(休足)のとり方です。

生活において、走る、踊る、休む、というリズムを再度構築しないといけないな、と感じるこの頃です。
[PR]
by xiyuannei | 2011-12-21 06:01 | ランニングは楽しい

私の社交ダンスの転機

今日は2年半お世話になった社交ダンスサークルを止めてきました。
9月に「止めたい」と言ったのですが「なんで・・・」とみんなに言われ、きぱっと止めれなかったのです。今晩は今年最後のレッスンですし、ワルツレッスンがちょうど終了する日だったので、不退転の決意で「やめます」と言ってきました。先生には昨日のうちに内々に話しました。

サークルって人間関係が深くなるのでやめるのは結構難しいです。この3年弱、あまり社交ダンスのサークルの世界を知らない私は誘われるままに加入してきました。

月曜日午後
火曜日夜
水曜日午後
金曜日午後
金曜日夜
そして個人レッスンを火曜日夕方。

このうち今日までに止めたのは、金曜日午後、火曜夕方の個人レッスン、そして今日の火曜日夜です。残ったのは月曜日午後、水曜日午後、金曜日夜です。このうち水曜日のレッスンも止める予定です。

来年からはパーティ開催を中心とした新しい事業を開始する予定ですし、競技会に出場出来るような練習もしたい。退職後3年経つ私の社交ダンスは大きな転機を迎えています。
[PR]
by xiyuannei | 2011-12-20 22:08 | 社交ダンスはスポーツ

『忌野清志郎~反骨のロック人生と反原発』

来年1月に地元で『忌野清志郎~反骨のロック人生と反原発』の企画をやります。私が自治会の役員をしているので、担当部として企画しました。

趣旨はつぎのようにまとめました。

時代を先取りし、時代の革新を担ってきたロックミュージシャン・忌野清志郎。その類まれな才能が時代を読み解きロックを通して、現代に内在する問題を警告するメッセージをはなっています。
2011年3月11日の東北大地震と津波、そして福島原発事故は依然として被災者に多大な辛苦を与えています。地震と津波という自然災害は多くの人々の力で復興に向かっています。しかし、人災ともいえる福島原発事故はいまだ収束のメドがたっていません。
清志郎は20数年前から「原発を増やすな」を歌にしてそのメッセージを伝えてきました。「原発なくせ」の運動が広がっているこの時期、改めて清志郎のメッセージを受けとめて、時代を知り、考え、話し合いましょう。


福島第一原発の事故は、「安全」を繰り返し言ってきた日本政府、電力会社などの「嘘」を事実で証明しました。これから、大きな「負の遺産」を何十年も担いでいかなければなりません。簡単にはいかないにしても「自然エネルギー」を活用して、私たちの生活が営める社会創造が必要でしょう。

数年前に亡くなった忌野清志郎は、原発が30数基の時に、もうこれ以上原発をつくるな、と叫びました。しかし、その後もつくられ現在は54基になっている現実があります。もうこれ以上つくらない、できれば原発をゼロにしても電気が供給できる社会にしていく、そのスタートの年に2011年がなってほしいものです。

c0022843_717417.jpg

You Tube
SUMMER TIME BLUES (原子力はもういらねぇ!)
[PR]
by xiyuannei | 2011-12-19 07:20 | 日常生活は発見がいっぱい