退職の実感

ダンスバス旅行に参加。

場所は日光霧降のホテルです。りっぱなダンスホールがありここでダンスパーティです。
日曜日10時に出発してホテルに着いたのは14:00頃、14:30から17:00までダンスタイム、夕食を終えて19:00から21:30までダンスタイム、月曜日の朝食を終えて9:00から10:30までダンスタイムとずいぶん踊りました。

私も踊りましたが、十分踊ることができませんでした。
サークルの練習でのダンスとパーティ形式のダンスとではかなり違います。
1)練習で習ったステップがダンスパーティでは思い出せなくて足がスムーズに動かない。
2)いろいろな種目の曲がかかるのですが、それに対応した踊りがほとんどできない。

ダンス旅行(ダンスパーティ)に参加したのは初めてです。あらためて基本のステップを種目ごとに5~6個正確に覚えなくてならないことを痛感しました。もともとパーティ会場ではぶつかることが多いので、そんなに大技のステップはできません。ですから基本的なステップを覚えて誰とでもスムーズに踊れるようになることが必要でした。

男性10数名、女性20数名、合計41名のダンス旅行ですが、市の社交ダンス連盟主催のダンス旅行なので、市内のいろいろなダンスサークルから参加しています。私が初心者なのをみて、「男踊りをできる女性がいるから、うちで練習したらどう?」「初心だから、個人の先生について習ったほうがいいよ」とアドバイスも受けて、今後、どのようにダンスレッスンをするのかについて考えさせられました。

ほとんどが私より年上で、最高は男性85歳、女性82歳でしたが、みなさん、ダンス愛好家ですからすごく元気です。私もすっかり高齢者の仲間入りをしてダンスをはじめてました。

今ままでの職場は私が最年長であとは若い人ばかりの環境でしたが、退職して地域で活動すると、今度は私は最年少で他の人はほとんど年上という環境、この180度違った環境の変化が「退職」を実感させます。
[PR]
by xiyuannei | 2009-09-15 12:25 | 社交ダンスはスポーツ
<< 日光霧降のランニング 金曜日のワルツ >>